スポンサードリンク




前立腺肥大=前立腺がんなのか?


PSA検査では、前立腺がんが本当に早期発見できます。

psa検査という血液検査は、ごく少量の血液を採取してPSAという前立腺の異常時に血液中に流れ出す、前立線特異抗原というタンパク質の量を計測するものです。


PSAの値が異常に高く(一般的には10ナノグラムパーミリリットル ng/ml以上)なると、がんが発症している確立が高くなります。


4ng/ml未満が正常値ですが、前立腺肥大症や、前立腺炎、ほかにも自転車に乗るなど前立腺に刺激を加えることでもPSA値は上昇します。

ところで、前立腺肥大症は、前立腺ガンの予備軍なのか?とか、前立腺肥大症になったら、ガンに進行するのではないか?という疑問がありませんか?

じつは、前立腺肥大症と、前立腺がんは全く別物です


前立腺肥大症は、加齢によるホルモンバランスの変化が影響するものと考えられています。

前立腺肥大症は内腺(尿道を取り囲む部分:移行領域)に発生する良性腫瘍です。

前立腺がんは、悪性腫瘍ですので、全く異なります。

周囲に広がったり、骨やほかの臓器に転移することもありません。

そのため、前立腺肥大症から前立腺がんに進行することはないと考えられています。


しかし、症状はとてもよく似ているので気になりますね?


安心のために50歳を過ぎたころからPSA検査を定期的に受けて、早期発見しておきましょう。

前立腺がんは早期発見さえすれば、ほぼ完治できる癌といわれています。

posted by PSA CHECK at 11:01 | 前立腺がんの症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PSA検査は簡単です


前立腺がんは血液を調べるだけ(PSA検査)で超早期に発見できる癌です。

50歳を超えたら、血液検査だけでできるPSA検査を受けるのがおすすめです。

この検査は非常に簡単で、たった1滴の血液を採取するだけで調べられるのです。


PSAとはProstate Specific Antigen(前立腺特異抗原)のことで、前立腺から分泌される物質です。

前立腺だけで作られるPSA(前立線特異抗原)というタンパク質が、がんになると血液中に放出されることを利用しています。

ちなみにPSAは、セリンプロテアーゼ(セリン蛋白分解酵素)に分類されています。



この検査を受ける方法は主に3つあります

 地域や会社の健康診断についているオプションで受ける

 人間ドックのオプションで受ける

 近くの内科や泌尿器科に相談して受ける



50才を過ぎたら、年に一度PSA検査を受けるように日本泌尿器科学会では推奨しています。

実際、アメリカではPSA検査の普及により、前立腺がんによる死亡者数が減りました。

家族に前立腺がんになった経歴などがある場合では、40歳位からPSA検査を受けると良いでしょう。

PSAの値が高い人(癌疑いが高確率な人)は前立腺の組織を針で取り出して精密に調べる「生検」という検査をさらに受けて、がんかどうかの確定診断をします。

タグ:簡単 検査 PSA
posted by PSA CHECK at 12:18 | PSA検査について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最初に気付く自覚症状とは


前立腺がんの初期症状には気付かないことがほとんどです。

初期段階で発見できれば完治できる確立があがるガンなのですが・・・。


そこで、早期発見のためにはPSA検査を定期的に受けるのが良いです。



前立腺ガンの症状は

 いきまないと尿が出ない

 尿がとぎれとぎれに出る

 残尿感

 夜中のトイレ

が代表例ですが、これらの症状は既に前立腺がんの初期症状ではなく、実は前立腺がんがある程度進行してからです。



前立腺がんの初期症状に自分で気が付ける人はほぼ皆無です。

前立腺がんは全く自覚症状が無いまま徐々に進行してしまいます。

初期症状はほぼ無症状ですから無理もありませんが、「もしかして?」と感じた時には、初期症状の段階を過ぎている場合が多いのです。


前立腺がんは初期段階ではまず症状が感じられず、がんが進行し転移して、その痛みからガンが見つかるという事例も少なくないのです。

実際に前立腺がんと診断された方の約半数の方は、診断時既に骨やリンパ節などに転移のある状態で発見されるといいます。

慢性の腰痛で整形外科医を受診し検査を行ったところ前立腺がんが腰の骨に転移していたということもあります。


実はPSA検査は、とても簡単に出来る血液検査です。

少量の血液を採取するだけで、前立腺がんかどうかを診断できる前立腺がんの腫瘍マーカー的な存在です。

50才を過ぎたあたりから前立腺がんのリスクが高まるそうですから、この頃からPSA検査を定期的に受けておけば安心です。



posted by PSA CHECK at 11:57 | 前立腺がんの症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前立腺がんの原因とは

前立線がんは、50歳以上の男性に発症率が高いがんですが、治癒率の面でも早期発見できれば9割以上の患者が完治するという治癒率の高さも特徴的なガンといえるでしょう。


早期発見のためには、現段階では定期的なPSA検査が非常に有用とされています。



では、前立腺がんの原因は何かというと、今のところはっきりと医学的に解明されていないのが現状です。


傾向的には、50歳〜60歳以上の患者数が多いことから、加齢によるリスクは考えられています。
しかしこれもはっきりとした原因と言えるほどでもないのですが、やはり統計的には加齢が原因の一つとも言えそうです。


他には、食事などの生活習慣が原因の候補として挙げられています。

高脂肪の食事は前立腺癌のリスクとなることが報告されています。

また、乳製品の摂り過ぎは前立腺癌や卵巣癌のリスクを高めると言われています。

日本の厚生労働省が4万3000人を追跡した大規模調査でも、乳製品の摂取が前立腺癌のリスクを上げることを示したということです。


遺伝傾向は関連性が低いとされていますが、家族暦がある場合は食生活を共にするなど生活習慣が同じになりやすい分注意が必要ではないでしょうか?


45歳以上の患者は家族性以外は稀なことから、前立腺がんを早期発見できる「PSA検査」も通常は50歳を越えたあたりから考慮すれば良いと思います。

posted by PSA CHECK at 10:41 | 前立腺がんの症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PSA血液検査を行う場合


前立腺がんの腫瘍マーカー検査として一般化されている検査方法が、PSA血液検査といい、前立腺ガンの疑いがあるとき、病院で癌かそうでないのか?という診断の目安として用いられています。


通常、前立腺がんというのは、初期症状がほとんど無いというガンです。

初期症状が無くがんが進行して初めて気付くという種類のがんなのです。



前立腺ガンの症状は、

 尿の出が悪くなる

 おしっこを我慢できない(トイレにすぐ行きたくなる)

 残尿感に悩まされる

などですが、これらの症状は前立腺肥大症でも同様に起こります。


ほかには、

 排尿痛

 血尿

 膀胱刺激症状

という前立腺がん特有の症状もありますが、これらはかなり進行しないと自覚症状として感じないようです。

更に骨盤や椎骨などに転移すると、腰痛や神経痛のような痛みを伴うようになります。

この段階ではがんの末期ともいえます。


ちなみに前立腺肥大症と前立腺がんは全く別物で、前立腺肥大症から前立腺がんにはならないとされています。



このように初期段階では自覚症状が無いため発見が遅くなりがちですが、初期段階で発見できれば90%以上の人が完治するがんといわれています。


がんの初期で発見するにはPSA検査が有効とされています。


50歳を越えたら定期的にPSA検査を受けることが早期発見になります。

家族歴のあるかたなどでは、40歳を過ぎたら受けても良いでしょう。

PSA検査は病院のみではなく、自宅で手軽に行える郵送検査という方法もありますよ。

posted by PSA CHECK at 14:46 | 前立腺がんの症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高感度PSAタンデム法とは


前立腺がんを診断する指標として用いらているのがPSA検査と呼ばれ、血中PSA値を測定するものです。

PSAとは、血清中前立腺特異抗原のことで、前立腺ガンや前立腺肥大症、前立腺炎などを発症している場合に血液中に流れ出る物質のことです。

血中のPSAには3種類あり(Free PSA、PSA-ACT、PSA-MG)、このうち検査で測定されるのが、2種類(Free PSAと、PSA-ACT)です。


PSA検査方法にも違いがあり、PSA測定キットにより、Free PSAとPSA-ACTの反応性は必ずしも同じではないようです。

このため、実際のPSAの測定では、Free PSAもPSA-ACTと同じように反応するEquimolar-response Assayであることが、望まれています。

タンデムPSAは、患者ごとに異なる可能性のある血中Free PSA/PSA-ACT濃度比の影響を受けないPSA血液検査と言えます。

PSAタンデム法のほうが感度も特異度も高く優れた検査法として確立されています。


古くから前立腺ガンのスクリーニングとして用いられてきたPAP(前立腺フォスタファーゼ)は、前立腺に何かの異常があると、血液中に増えてくるのを測定していましたが、精度的にはPSAのほうが高いため現在ではあまり使用されていないようです。

posted by PSA CHECK at 17:47 | PSA検査について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PSA検査を受ける頻度はどのくらいが適当か?



PSA検査は前立腺ガンを早期発見する上でとても適切な検査方法といえます。

少量の血液を採取するだけで良いので手軽に出来ますし、時間のない人のために在宅したまま郵送検査と言う方法もあります。


psa検査は、がん発見の腫瘍マーカーです、もしも検査の結果が悪く、前立腺ガンの場合でも治療方針や、経過観察などを検討する上で重要な指標ともなりえます。



ところで、psa検査でpsa値が正常だった場合は、どのくらいの頻度でpsa検査を受ければ良いのでしょうか?


スクリーニング検査(ふるいわけ)であれば、1年に1回の健康診断で受ければよいのではないでしょうかというのが一般の見解です。

PSAなどの値がグレーゾーンにある場合は、半年一回調べることもあります。

がんが見つかった人では、がんの種類や行う治療によって違いますが、一般には治療前に上昇していた腫瘍マーカー(PSA値)を、治療後1、2、3、6ヶ月後、1年後、その後は年に1回と言うふうに徐々に間隔をあけて調べます。


検査の間隔は、調べる目的や状況によって変わるので、医師の指示に従って必要なチェックを受けるようにした方が良いです。



また、PSAの値が1.0 ng/ml未満では、3〜5年毎に検査を、PSAの値が1.0 ng/ml以上では2年または1年毎(毎年)のPSA検査を受ければ良いという報告もあります。

ちなみにグレーゾーン(癌疑い)のPSA値は、4.0 ng/mlです。
posted by PSA CHECK at 22:24 | PSA検査について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PSA検査の精度は?



前立腺癌の早期発見のためには、PSA検査という検査を受けることが良いとされています。


PSA検査とは、PSAという健常男性の前立腺から分泌される物質の値を測定するもので、通常であれば血液中にはまず出てこない物質です。


しかし前立腺癌などの疾病によって、このPSA(前立腺特異抗原とも呼ばれます)は、血液中に流れ出てくるという性質を持つので、、前立腺癌の腫瘍マーカーのひとつとして医療分野で活躍しています。


精度的にはなかなか高精度と言われていて前立腺癌が疑われるときに、まず最初に行うべきスクリーニング(ふるいわけ)検査として知られます。


PSA検査は前立腺癌の早期から陽性を示すため、前立腺癌の早期発見とともに病期の推定、治療効果の判定や予後予測にも役立ちますが、前立腺癌以外に前立腺肥大症や前立腺炎でも数値が上昇し、陽性を示します。

PSAの値によってはグレーゾーン(あいまいな値の範囲でガンなのか区別が難しいPSA値)の場合は更なる検査として直腸診、いわゆる肛門から前立腺を触診して調べたり、超音波検査などを行ったりします。


がんの疑いが強い場合には2次検査として前立腺生検という前立腺の組織を直接採取する検査を行うことで正確な診断をすることもあります。

posted by PSA CHECK at 22:29 | PSA検査について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PSA検査の結果が悪かったら


PSA検査の結果が悪かったからと言って、必ずしも「イコールがん」、というわけではないようです。


PSAとは前立腺特異抗原と呼ばれるもので、PSA検査は、人間の身体のなかでも前立腺でしか作られないPSAという物質の増加をチェックします。

前立腺にガンが発生すると、ガン細胞が多くのPSAをつくるので、血液中にPSAが多く流れるようになるという現象を利用しています。


ただし、前立腺肥大症や前立腺炎でもPSAの数値は上昇するので「イコールがん」というわけではありません。


しかし、ガンの疑いがある場合(PSA検査だけではどんな病気かはっきり区別できません、その他の条件、高年齢など色々な条件で判断されると思います)は、PSA血液検査の結果だけではなく、さらに別の検査を行います。

具体的には、直腸診や画像検査(MRl検査、CT検査など)を行うことになるでしょう。


また、病変を採取して調べる「生検」を行い、前立腺がんであるかどうかを確定します。


PSAの値はガンの進行度をはかる目安にもなり得ます。

前立腺ガンの進行に比例してPSAの値は増加傾向を示しますので、PSA値が大きくなればなるほど癌が進行している確立は高まってきます。


posted by PSA CHECK at 21:16 | PSA検査について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前立腺がんには種類がある


ひとくちに前立腺ガンと言っても、前立腺がんにはさまざまな状態があります。


日本では、WHO(世界保健機関)が提唱している分類法で、前立腺がんを悪性度によって三種類に分類しています。



前立腺がんは男性のみに発症するガンで、その名のとおり前立線に発症します。

その中でも、前立腺の分泌腺の腺管の状態を見ることで悪性度を3段階に分けているようです。



悪性度が一番高い状態は、腺管がほとんど確認できないほど、癌細胞がびっしり詰まってしまった状態のガンで、「低分化型腺がん」といいます。

次に悪性度が中程度となる状態は、後に述べる高分化型腺がんに比べて腺管の配置が不規則で、一部に腺管融合が見られる状態で、「中分化方腺がん」といいます。

そして最も悪性度が軽度となるのは、正常よりもやや小さい腺管が規則的に並んでいる状態で、正常な前立腺細胞に近いガンです。

これを「高分化型腺がん」といいます。



がんの中でも前立腺癌は患者数も死亡者数も年々増加傾向にあるのですが、早期発見さえすれば恐い病気ではないと断言する医師もいます。


前立腺ガンの患者数でも約9割が60歳以上であることから、早期発見のためには、男性は50歳を越えたあたりから、定期的に検査を行うことがおすすめです。


前立腺がんの検査とは、PSA検査と呼ばれる、いわゆる前立腺癌の腫瘍マーカー検査です。


posted by PSA CHECK at 22:27 | 前立腺がんの症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。