スポンサードリンク




前立腺がんのPSA検査とは?

PSA検査は前立腺がんかどうかを診断する最初の基準(スクリーニング)として非常に有効な検査方法です。

検査方法は血液検査だけで出来るので、一般の集団検診でもオプションとして申し込むということも可能です。


PSAとは健常男性の前立腺から分泌される物質で、精子の保護膜成分のたんぱく質を分解して開放する役目があります。
通常PSAは血液中に流れ出てくることはありませんが、なんらかのかたちで前立腺が疾病(障害)を起こすことによって血液中に浸出してくることで、PSA検査でPSA値が測定できるようになります。


PSA検査での結果、PSA値が高ければ高いほど前立腺がんの確立も比例して上がっていきます。

年齢などにもよるのですが一般的には、約4.0ng/mL未満が安全値と言えるでしょう。


4.0ng/mlを超えた程度から癌疑いが増していくことになります。


4ng/ml以下は、陰性扱いとなって、その後は健康診断時などで定期的にPSA検査をして経過観察となります。


4.1ng/ml〜10ng/mlでは、グレーゾーンと呼ばれ、正常値より少し高めの値で、癌の疑いも否定できませんが、ガンの人と前立腺肥大症の人など、前立腺の他の病気の人が含まれている可能性もあります。

10.1ng/ml以上では、かなりの確立で前立腺癌であることが疑われます。
検査結果の数値は高い場合、数百ng/mlという数値が出ることもあります。


posted by PSA CHECK at 21:40 | PSA検査について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

再発の診断にPSA検査を受ける


前立腺がんが治ったあと、でもPSA検査を定期的に受け続けていくのが得策です。


どのような治療を行ったとしても、前立腺癌の再発というリスクはあるのです。

前立腺癌は成長(進行)の遅いガンですが、PSA検査でガンの再発症を早期に発見できれば、治らないガンではないのです。


ホルモン療法、化学療法、手術療法、放射線療法といった様々な治療法が病期ステージによって選択されるのですが、どの治療においても治療完了(治ったとされた)後は、必ずガンの再発に注意しなければならないのではないでしょうか?


よって、治療後は通常よりも短いサイクルでのPSA検査を受けるのが一般的です。

そして年数と共に検査サイクルも長くなっていくようです。


ただし、前立腺の全摘出手術をした場合は、基本的にPSA値は0(ゼロ)になります。

PSAは前立腺でつくられるものだからです。

全摘出したにもかかわらずPSA値が上昇するのはガンが転移していると考えられます。


最近のPSA郵送検査キットでは、PSA値を測定するだけではなく、色々なガンなどの病期を一度に検査してくれる検査キットがあります。

価格は1万円を超えるものもありますが、忙しくてなかなか病院に行けず、手遅れになるよりはマシだと思いますよ。


posted by PSA CHECK at 20:38 | PSA検査について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホルモン療法と化学療法について


前立腺癌は、なぜ男性のみに発症するのでしょう?


まずは、当たり前ですが前立腺は前立腺にガンが発生します。

前立腺というのは男性にしか存在しません、女性にはありません。


そして、前立腺癌はほとんどの場合において、男性ホルモンに依存します。

つまり男性ホルモンによってガンの発育が促されています。

と、いうことは、男性ホルモンの値を下げればガンの発育(進行)スピードを抑えられるのではないか?

というのがホルモン療法です。


男性ホルモンの値を下げるには大きく2通り。

まずは外科手術で去勢術を行う方法です。

男性ホルモンのほとんどは精巣(睾丸)より分泌されているので、手術によって摘出してしまいます。

手術と同時に、抗男性ホルモン剤を併用する場合もあるようです。


もう一つは、男性ホルモンが精巣(睾丸)から分泌されるのを抑える薬を注射する方法です。

最近では後者(注射)に人気があります。

注射は通常約4週間に一度、皮下注射を行います。

主な副作用は時々顔面などがほてったり、汗が出るホットフラッシュ現象がおきること、男性ホルモンの値が下がるため、性機能不全(ED)になること。


どちらにせよ、大きな副作用は無く、しかも外来で治療できます。

いずれも患者さまの状態によって主治医の判断で十分にインフォームドコンセントが行われることでしょう。


また、ホルモン療法抵抗性(ホルモン/科学療法が効かない)の前立腺癌に対しては、タキソテールなどの抗がん剤を用いた化学療法を行われています。

posted by PSA CHECK at 22:12 | 前立腺がんの症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前立腺がんセルフチェック


前立腺がんはPSA検査(前立腺腫瘍マーカー)という簡単な血液検査で、早期診断でき、しかも早期の場合であれば完治させることも可能なガンです。


PSA検査は、ほんの1滴(0.05ml〜)という必要血液量で診断できてしまいます。

忙しい方のためには、料金だけを見ると割高感はありますが、PSA郵送検査という手段もあります。


早期がんの場合は自覚症状も無く症状が現れたら病気が進んでいる証拠ですが、年齢と共にかかる可能性が大きくなるガンなので1年に一回の定期的なPSA検査をすることが肝心です。


そこで、もしものための前立腺がんの症状をセルフチェックしてみましょう、8つ以上当てはまると可能性が・・・、PSA検査や、医療機関での受診をおすすめします。



50歳以上の男性の場合

  1.食事の栄養バランスはあまり気にしない
  2.肉類が好きでよく食べる
  3.野菜類はあまり食べない
  4.日々ストレスが多くストレスがたまる
  5.最近、尿の色が濃い、濁っている
  6.下腹部になんとなく違和感かある
  7.血尿(尿に血が混じる)が出ることがある
  8.飲酒はほぼ毎日
  9.不規則な日常生活(睡眠時間がバラバラなど)をしている
 10.おしっこをしたくても我慢してしまう
 11.残尿感(排尿後に尿が残っている感じ)がある
 12.尿の勢いが弱く、細い
 13.排尿しようとしてから尿が出るまでに時間がかかる、またはいきまないと排尿できない
 14.排尿途中で意志と関係なく排尿が途切れる
 15.夜中、尿意をもよおし起きてしまうことがある(夜2回以上トイレに起きる)
 16.二時間も経たないうちに、またトイレに行きたくなる
 17.排尿したくても尿が出ない
 18.排尿時に尿が分かれて出る
 19.尿が漏れる
 20.前立腺肥大の既往症がある
 21.前立腺がんの家族歴がある


どうでしたか?

特に最後の家族歴がある場合は、50歳を待たずに40歳代からのPSA検査で早期発見を視野に入れておく必要があります。




posted by PSA CHECK at 14:42 | 費用料金と方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前立腺がんの危険因子


前立腺がんを早期に発見できる検査方法は、PSA検査ですが、前立腺がんの危険因子がわかっていれば予防ができるのでしょうか?


前立腺がんの危険因子として最も有力視されているのは、以下のようなものです。

 加齢(年齢)

 家族歴(遺伝)

 動物性脂肪の摂り過ぎ(食生活)



加齢という点でいうと、40歳まではほとんど前立腺がんは発症(発見)されません。

しかし、50歳を超えると一気に患者数が増加しています。

ということは、言い換えると50歳代より誰でも前立腺がんになる危険性が増加するということですね。

前立腺がんは進行がゆっくり、緩やかで、初期症状もほぼありませんので、なかなか気付きにくいの
ですが、早期発見できれば治るガンです。

早期発見にはPSA値を定期的に受けることが最も効果的となります。

ですからPSA検査を50歳を超えたらところで受けはじめたほうが良いでしょう。


ただし家族歴のある人は40歳を過ぎたらPSA検査を受けた方が良いです。

若年性の前立腺がんの患者は稀で、家族歴であることが多いのです。



食生活は言うまでもありませんが、生活習慣病であるガンは日頃の食生活が原因である説が有力です。

現代の食生活は高脂肪高たんぱくな食事が多いですから、気をつけなければなりません。
もう一度言いますが、前立腺がんは早期発見できれば5年生存率は90%以上です、PSA検査を定期的に(健康診断時のオプションなどで)受けておきましょう。


posted by PSA CHECK at 19:35 | 前立腺がんの症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PSA検査だけでは分からない


PSA検査は、前立腺に病気(障害など)があるかどうかを調べる検査です。

PSA検査は、前立腺がんの早期発見にかかせない検査です。

PSA検査で測定されるPSA(前立腺特異抗原)値は、前立腺がんが進行すればするほど高くなるという傾向があるので、PSA値が多いか少ないかによって、ある程度ですが前立腺がんの進行度合い推測することが可能です。



PSAというのは、体内では前立腺だけでしか作られませんので、女性には無縁です。


前立腺にがんが発生すると、癌細胞が多くののPSAをつくるので、血液の中にもPSAが流れ出るようになってくるのです。

しかし、前立腺肥大症(ぜんりつせんひだいしょう)や前立腺炎(ぜんりつせんえん)という、ガン以外の病気(前立腺の障害)でもPSAの数値は上昇します。


つまりPSA検査の結果だけでは何の病気なのかまでかは、はっきりとわからないことを忘れないように。

PSA検査で、検査結果が基準値を超えた場合は、ガンか別の原因かを特定すための別の検査を行うことになります。

また、前立腺に病気がなくても、加齢などによりPSA値が上昇することもあるそうです。

前立腺の病気でもそれが何なのかを確定するには、別の検査をしなければ分かりません。


そして、たとえ前立腺がんでも10〜15%の確率でPSA値が異常値を示さない場合もあるといいます。


PSA検査で前立腺がんの疑いがある場合は、直腸診(腸の内壁から指で直接触診をします)や画像検査(MRI検査、CT検査など)を行います。

それでもあいまいな場合、病変を採取して調べる生検(せいけん)を行いガンかどうかを確定診断します。


posted by PSA CHECK at 21:16 | 基準値について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PSA検査にかかる費用


PSA検査を単独で検査するということは、あまりないことかも知れません。

大抵は他の血液検査のときに、オプションとして検査項目の追加をするようですね。


どうしてもと言う方には頼めばやってくれるかもしれませんが、初診扱いで、初診料やその他もろもろの点数を合計すると10割負担で、約6,000円弱といったところです。

病院では通常健康保険適用(病気の検査として行うため)になるので3割負担だと2,000円かからない計算になりますね?

しかし最初にあったようにPSA検査単体では普通検査は行わないので、他の血液検査を色々追加してやるはずなので、窓口で払う料金はそれなりになると予想されます。


それよりも健康診断の時のオプション扱いでPSA検査を受けるときは、3,000円ほどが相場のようです。

しかも、健康診断や街の検診などは毎年行っていると思いますので、その都度PSA検査を追加で申し込めば定期的にPSA検査を行えて、前立腺がんの早期発見につながります。


家族歴がなければ、よほど心配出ない限りPSA検査は50歳を過ぎた頃からで良いのではないでしょうか?


また、単独でPSA検査を行う場合というのは、前立腺がんという診断で治療後、または手術後、ガンの転移がないかなどを調べる目的で行われるということはあるかもしれません。


posted by PSA CHECK at 21:59 | 費用料金と方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PSA値が高値になるガン以外の理由


PSA検査を受けたら、前立腺がんでもないのにPSA値が高値になるという場合があるそうです。


その訳は、PSA(前立腺特異抗原)というのは前立腺になんらか(何でも良い)の障害が発生すると増加するからです。

何らかの障害には色々あって前立腺肥大症や、前立腺炎、尿閉(膀胱にたまった尿が出なくなる)といった普通の病気も当てはまります。


これらの疾病になると、しばらくの間(以後約1ヶ月間)はPSA値は高値になります。

そのほか、精液中にはPSAが血液の1000倍の濃度含まれているので、検査の前日に射精するとPSAの値は1割程度、高値で出ます。

あとは、意外かもしれませんが、自転車に長時間乗っていると前立腺が刺激を受けPSA値が高値になります。

以上のような場合は、前立腺がんではないのに、psa値が異常値を示す典型的な例です。


しかし1次検診のPSA検査を受け、異常値になった場合(psa値が4ng/ml以上)、2次検診(精密検査)では、主に3種類の検査を受けることになります。

 直腸診

 超音波検査(エコー:画像診断)

 生検(生体組織検査)


直腸診はお尻に指を入れて癌を探す方法です。

癌は拳骨の骨の様に硬く触れますが、前立腺肥大症の場合は硬くなく柔らかいものです。

しかし、1mm(ミリ)未満のガンは触っても分らないそうです。

そして肛門からでは触れることのできない前側や中側に癌があるときも約3割程とか。


超音波検査では、肛門からプローブという棒状の器械を挿入して前立腺の断面を見ることができます。

こちらもあまり小さなガンでは診断がつかないので、生体組織検査(生検)といって、細い針のような物を使い前立腺に均等に最低6ヵ所、多い検査では26ヶ所もの組織を採取しガン細胞の有無を調べる組織検査を行ないます。


PSA値が高いにもかかわらず2次検診で異常が見つからない場合、定期的にPSA検査を行い、PSA値が上昇していくようであれば再度生検という流れになります。


posted by PSA CHECK at 21:35 | 基準値について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前立腺を全摘出手術したら

PSAというのは、前立腺で作られる前立腺特異抗原という特殊なたんぱく質です。

前立腺癌などで、前立腺を全部摘出する(全摘)手術を行った場合、このPSAの値は0(ゼロ)になるはずなのです。



通常の場合であれば、PSA検査でのPSA値の基準値は4ng/mL未満であれば、非がん判定というところです。

しかし前立腺を全摘出した人がPSA検査を受ける場合は、この基準値は全く当てはまりません。

PSA(前立腺特異抗原)というのは、前立腺のみで作られているので、もしPSA検査でわずかでも検出されると、どこかにガンの転移があるという可能性が非常に高くなってしまいます。


前立腺を全摘手術でなくなっていても、PSA検査を受ける意味は前立腺ガンの再発の兆候をみるためなのです。


前立腺の全摘出手術は再発の可能性が低いため、前立腺がんの根治を目指すには効果的な治療法です。

患者さんの年令、基礎疾患やガンの進展度、手術の合併症のリスクなど総合的に判断して適応を決める必要があります。


しかし、身体への負担が大きく回復までに時間がかかるのが難点です。

さらに術後には、尿漏れなどの後遺症が出る可能性もあるということ。

そのあたりは、主治医と良く相談してから決めていくことになるでしょう。

posted by PSA CHECK at 20:28 | 基準値について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PSA値が高いのにガンが見つからないときは


PSA検査を受け、結果が悪く2次検診を受け、精密検査(直腸診、MRI、CT、生検など)をしてもガンが見つからない可能性もあります。


PSA検査のPSA値の基準値は4ng/ml未満です。

4ng/ml以上10ng/ml未満のときは、グレーゾーンでガンがあるかないか微妙なところで、10ng/ml以上だとかなりガンが疑われる数値とされています。


そのときは、たまたまPSA値が異常な高値を示した可能性も否定できませんが、3ヶ月ごとにPSA値を再検査していき、1年間くらいでPSA値が0.75以上上昇していたら(PSA値が徐々に増加していく場合)癌が疑わしいので、再度精密検査を受けることになると思います。



前立腺癌自体が進行が遅めのガンということもあり、ガンが育っていない場合、特に前立腺に針を刺して生体組織を採取する生検ではなかなかガンの組織にヒットしないという場合もあるそうです。


いつも見つからないとき、気をつけることはPSA検査を受ける前日、または直前にPSA値を上昇させることをしないことでしょう。

例えば、自転車に長時間乗るなどすると、一時的にPSA値が増加することが分かっています。

他には、前立腺に刺激を与える日常生活的なことも同様なので、PSA検査の直前には気をつけるほうが良いと思います。


posted by PSA CHECK at 11:38 | 基準値について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク