スポンサードリンク




TOP> 前立腺がんの症状

前立腺ガンの治療方法


もし、前立腺がんになってしまったら・・・。


PSA検査などで早期発見の場合であれば、完治の可能性が高確立なガンが前立腺がんです。


そして、治療法もたくさんあって、幅広い治療が可能なのです。

前立腺がんには大きく分けて4つの治療法があります。


まずは早期に発見された場合、”手術”か、”放射線療法”のどちらかの治療法を用いられる場合が多くなるようです。

手術療法とは、がんに侵された前立腺を物理的に取り除く治療法です。

放射線療法とは、外部から放射線を照射して、がんを叩く(放射線が持つ電離作用を悪性腫瘍を制御する)治療法と、放射線を出す金属(ヨウ素125)を前立腺のがんのある部分に埋め込んでがんをやっつける「小線源療法」と呼ばれる治療法があります。

小線源療法は手術に近いものですが、通常の全摘出手術とは違い患者の身体の負担が大きく違います。


がんが進行してから発見された場合、”ホルモン療法”か、”抗がん剤治療法”という治療法が選択されます。

ホルモン療法とは、前立腺がんの細胞は男性ホルモンの影響を受けて増殖する特性を逆手にとり、男性ホルモンを完全に断ち、がんの増殖を抑える治療法です。

抗がん剤療法とは、一般的な抗ガン作用のある薬を投与する抗がん剤治療の方法で、最近では「ドセタキセル」という、しびれなどの副作用も少なく、臨床効果も高いという抗がん剤が新たに保険適用となりました。


いずれにしても治る癌なので、50歳を過ぎたらPSA検査を定期的に受けて、早期発見するのが得策だと思います。


posted by PSA CHECK at 09:57 | 前立腺がんの症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レトロウイルスで前立腺がんに感染!?


がん細胞は通常自己細胞の突然変異として知られていますが、最近になって感染性のガンも確認されています。

代表例が子宮頸がんです。

子宮頸癌は、ヒト乳頭腫ウイルス(HPV)の感染によって発症する性行為感染症です。

ほぼ100%ヒトパピローマウイルス (HPV) の長期間の感染による発症であるため、原因が特定されているということから、ワクチンによる予防が可能がガンとして知られていますね。



実は前立腺がんもウィルス性のガンではないかという研究報告があるのです。

米Columbia大学のRobert Schlaberg氏らは、ガンマレトロウイルス属のXMRV(xenotropic murine leukemia virus-related virus)が人間の前立腺癌に存在すること、特に悪性の上皮細胞に高頻度に見つかり、悪性度の高い前立腺癌患者に感染が多いことを明らかにしたといいます。

今回新たに、実際に前立腺癌の組織にXMRVが存在すること、そして、グリーソンスコアが高い、すなわち悪性度の高い患者に感染が多いことが明らかになった一方で、特定の遺伝的な多型を有する患者に感染が多いという先の知見を覆す情報も得られているようです。

既によく知られた子宮頸癌とヒト・パピローマウイルス(HPV)のような関係が、前立腺癌とXMRVの間にもあるのかどうかですが、XMRVが見つかるリスクは、良性の前立腺肥大の組織に比べ、前立腺癌の組織で5.7倍(p<0.0001)であることがわかっています。

今後、XMRVと発癌の関連が明確になっていけば、これを指標とする新たな診断法や、ワクチンまたは抗ウイルス薬を用いた前立腺癌の予防、治療法が開発されるのでは?と期待も持たれています。


今後このウイルスが直接癌化に影響するかどうかを明らかにする必要がありますが、前立腺がんにウイルスの関与が確認されれば、ワクチン予防が可能となります。


現在前立腺ガンの初期診断(スクリーニング検査)として有効とされているのはPSA血液検査というPSAの値を調べる方法が一般的ですが、このPSA検査もガンとウイルスの関係が明らかになれば、もしかしたらあまり必要性の無い検査方法となるかもしれませんね。


posted by PSA CHECK at 10:45 | 前立腺がんの症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前立腺がんになりやすい人の傾向とは


前立腺がんになりやすい人はどんな人でしょうか?

今のところ、前立腺癌になる原因は究明しきれていません。


前立腺ガンになる原因は、はっきりと分かっていないのです。

いろいろな報告がありますが、ある程度の傾向は分かってきています。

その要因とは、

 年齢

 遺伝

 生活習慣(食事内容)

 職業

といったところです。



まずは年齢ですが、50歳以上の剖検(死亡時の解剖)では3割、80歳以上であれば6〜8割に小さな前立腺がんが見つかるということですので、50歳を超えると危険リスクが増大する傾向にあります。


次に血縁者に前立腺ガンの方がいると危険率が高くなります。

これは、遺伝という観点と、生活習慣という観点の両方から見ることが必要です。

血縁者は通常食生活を共にすることから、食事傾向は似てきます。

脂肪(油)、特に動物性脂肪を多くとることは前立腺がんの危険因子として有名です。

具体的にはチーズ、卵、豚肉というところですが、逆に大豆(みそ・納豆・とうふなど)、緑黄色野菜、トマト、緑茶などは前立腺がんを抑制するといわれています。


日光(紫外線)を浴びることによるビタミンDの活性化や、ビタミンAが前立腺がんの抑制にかかわっているかも?という説もあります。


最後にカドミウム(たばこの煙やアルカリ乾電池に含まれる成分)を扱う職業従事者(電池製造工場労働者など)はリスクが高いといわれています。


前立腺がんの遺伝については、父親、あるいは兄弟に前立腺がんの人が一人でもいる男性は前立腺がんになる危険性が2倍、二人いれば5倍になるという報告があります。


通常、前立腺がんを早期発見するために受けるPSA検査は50歳代から受診するべきなのですが、

身内に患者がいて危険性が高い場合は40歳代からPSA検査を受けておくほうが良いでしょう。

原因が特定できない以上、PSA検査で早期発見〜ガン治療〜完治という道のりが最も確実です。


posted by PSA CHECK at 13:57 | 前立腺がんの症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前立腺がんの治療(手術編)


PSA検査で前立腺がんが発見されたとします。

もちろんガンの治療になりますが、前立腺ガンの治療には主に、

 手術療法

 放射線療法

 ホルモン療法

 抗ガン剤療法

という治療法が用いられます。


その中でも手術の場合、入院期間は手術前の準備期間も含め、約3週間ほど必要といわれますが、がんの状態などでも変化します。

例えば、PSA検査での超早期発見の場合と、自覚症状が出てからの場合とでは全く病期が異なります。


ちなみに、前立腺がんの手術時間は通常約3時間程です。

しかし、手術前の予想と病期が大幅に違っていたり、術中に何らかの処置をしたりすることで、時間は変わってくるようです。



前立腺がんの手術の後、日常生活の面では、とくに気をつけることはないのですが、定期検査だけは受けましょう。

PSA検査が有効とされています。


あまり考えたくないことですが、がんの再発も可能性として否めませんので、それを早い段階で発見するためにも、PSA検査による定期健診は怠らないようにしましょう。

できれば最低10年間は経過観察の必要があるとされています。

psa検査の間隔は通常1年ですが、経過観察の場合は半年など主治医の判断に任せるようにします。
それ以外は普通に生活することができます。

このほかの不明な点はなんでも主治医に相談したほうが良いと思います。

posted by PSA CHECK at 11:02 | 前立腺がんの症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前立腺肥大=前立腺がんなのか?


PSA検査では、前立腺がんが本当に早期発見できます。

psa検査という血液検査は、ごく少量の血液を採取してPSAという前立腺の異常時に血液中に流れ出す、前立線特異抗原というタンパク質の量を計測するものです。


PSAの値が異常に高く(一般的には10ナノグラムパーミリリットル ng/ml以上)なると、がんが発症している確立が高くなります。


4ng/ml未満が正常値ですが、前立腺肥大症や、前立腺炎、ほかにも自転車に乗るなど前立腺に刺激を加えることでもPSA値は上昇します。

ところで、前立腺肥大症は、前立腺ガンの予備軍なのか?とか、前立腺肥大症になったら、ガンに進行するのではないか?という疑問がありませんか?

じつは、前立腺肥大症と、前立腺がんは全く別物です


前立腺肥大症は、加齢によるホルモンバランスの変化が影響するものと考えられています。

前立腺肥大症は内腺(尿道を取り囲む部分:移行領域)に発生する良性腫瘍です。

前立腺がんは、悪性腫瘍ですので、全く異なります。

周囲に広がったり、骨やほかの臓器に転移することもありません。

そのため、前立腺肥大症から前立腺がんに進行することはないと考えられています。


しかし、症状はとてもよく似ているので気になりますね?


安心のために50歳を過ぎたころからPSA検査を定期的に受けて、早期発見しておきましょう。

前立腺がんは早期発見さえすれば、ほぼ完治できる癌といわれています。

posted by PSA CHECK at 11:01 | 前立腺がんの症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最初に気付く自覚症状とは


前立腺がんの初期症状には気付かないことがほとんどです。

初期段階で発見できれば完治できる確立があがるガンなのですが・・・。


そこで、早期発見のためにはPSA検査を定期的に受けるのが良いです。



前立腺ガンの症状は

 いきまないと尿が出ない

 尿がとぎれとぎれに出る

 残尿感

 夜中のトイレ

が代表例ですが、これらの症状は既に前立腺がんの初期症状ではなく、実は前立腺がんがある程度進行してからです。



前立腺がんの初期症状に自分で気が付ける人はほぼ皆無です。

前立腺がんは全く自覚症状が無いまま徐々に進行してしまいます。

初期症状はほぼ無症状ですから無理もありませんが、「もしかして?」と感じた時には、初期症状の段階を過ぎている場合が多いのです。


前立腺がんは初期段階ではまず症状が感じられず、がんが進行し転移して、その痛みからガンが見つかるという事例も少なくないのです。

実際に前立腺がんと診断された方の約半数の方は、診断時既に骨やリンパ節などに転移のある状態で発見されるといいます。

慢性の腰痛で整形外科医を受診し検査を行ったところ前立腺がんが腰の骨に転移していたということもあります。


実はPSA検査は、とても簡単に出来る血液検査です。

少量の血液を採取するだけで、前立腺がんかどうかを診断できる前立腺がんの腫瘍マーカー的な存在です。

50才を過ぎたあたりから前立腺がんのリスクが高まるそうですから、この頃からPSA検査を定期的に受けておけば安心です。



posted by PSA CHECK at 11:57 | 前立腺がんの症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前立腺がんの原因とは

前立線がんは、50歳以上の男性に発症率が高いがんですが、治癒率の面でも早期発見できれば9割以上の患者が完治するという治癒率の高さも特徴的なガンといえるでしょう。


早期発見のためには、現段階では定期的なPSA検査が非常に有用とされています。



では、前立腺がんの原因は何かというと、今のところはっきりと医学的に解明されていないのが現状です。


傾向的には、50歳〜60歳以上の患者数が多いことから、加齢によるリスクは考えられています。
しかしこれもはっきりとした原因と言えるほどでもないのですが、やはり統計的には加齢が原因の一つとも言えそうです。


他には、食事などの生活習慣が原因の候補として挙げられています。

高脂肪の食事は前立腺癌のリスクとなることが報告されています。

また、乳製品の摂り過ぎは前立腺癌や卵巣癌のリスクを高めると言われています。

日本の厚生労働省が4万3000人を追跡した大規模調査でも、乳製品の摂取が前立腺癌のリスクを上げることを示したということです。


遺伝傾向は関連性が低いとされていますが、家族暦がある場合は食生活を共にするなど生活習慣が同じになりやすい分注意が必要ではないでしょうか?


45歳以上の患者は家族性以外は稀なことから、前立腺がんを早期発見できる「PSA検査」も通常は50歳を越えたあたりから考慮すれば良いと思います。

posted by PSA CHECK at 10:41 | 前立腺がんの症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PSA血液検査を行う場合


前立腺がんの腫瘍マーカー検査として一般化されている検査方法が、PSA血液検査といい、前立腺ガンの疑いがあるとき、病院で癌かそうでないのか?という診断の目安として用いられています。


通常、前立腺がんというのは、初期症状がほとんど無いというガンです。

初期症状が無くがんが進行して初めて気付くという種類のがんなのです。



前立腺ガンの症状は、

 尿の出が悪くなる

 おしっこを我慢できない(トイレにすぐ行きたくなる)

 残尿感に悩まされる

などですが、これらの症状は前立腺肥大症でも同様に起こります。


ほかには、

 排尿痛

 血尿

 膀胱刺激症状

という前立腺がん特有の症状もありますが、これらはかなり進行しないと自覚症状として感じないようです。

更に骨盤や椎骨などに転移すると、腰痛や神経痛のような痛みを伴うようになります。

この段階ではがんの末期ともいえます。


ちなみに前立腺肥大症と前立腺がんは全く別物で、前立腺肥大症から前立腺がんにはならないとされています。



このように初期段階では自覚症状が無いため発見が遅くなりがちですが、初期段階で発見できれば90%以上の人が完治するがんといわれています。


がんの初期で発見するにはPSA検査が有効とされています。


50歳を越えたら定期的にPSA検査を受けることが早期発見になります。

家族歴のあるかたなどでは、40歳を過ぎたら受けても良いでしょう。

PSA検査は病院のみではなく、自宅で手軽に行える郵送検査という方法もありますよ。

posted by PSA CHECK at 14:46 | 前立腺がんの症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前立腺がんには種類がある


ひとくちに前立腺ガンと言っても、前立腺がんにはさまざまな状態があります。


日本では、WHO(世界保健機関)が提唱している分類法で、前立腺がんを悪性度によって三種類に分類しています。



前立腺がんは男性のみに発症するガンで、その名のとおり前立線に発症します。

その中でも、前立腺の分泌腺の腺管の状態を見ることで悪性度を3段階に分けているようです。



悪性度が一番高い状態は、腺管がほとんど確認できないほど、癌細胞がびっしり詰まってしまった状態のガンで、「低分化型腺がん」といいます。

次に悪性度が中程度となる状態は、後に述べる高分化型腺がんに比べて腺管の配置が不規則で、一部に腺管融合が見られる状態で、「中分化方腺がん」といいます。

そして最も悪性度が軽度となるのは、正常よりもやや小さい腺管が規則的に並んでいる状態で、正常な前立腺細胞に近いガンです。

これを「高分化型腺がん」といいます。



がんの中でも前立腺癌は患者数も死亡者数も年々増加傾向にあるのですが、早期発見さえすれば恐い病気ではないと断言する医師もいます。


前立腺ガンの患者数でも約9割が60歳以上であることから、早期発見のためには、男性は50歳を越えたあたりから、定期的に検査を行うことがおすすめです。


前立腺がんの検査とは、PSA検査と呼ばれる、いわゆる前立腺癌の腫瘍マーカー検査です。


posted by PSA CHECK at 22:27 | 前立腺がんの症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前立腺がんの特徴


前立腺がんはPSA検査で初期の状態から発見できる癌です。


前立腺癌の特徴といえば、初期のころには自覚症状がほとんど無いということが挙げられます。

前立腺は男性のみにある器官ですから、女性はかかりません。


位置は、膀胱の出口にあって尿道を取り囲むようにあり、くるみ大の大きさの器官です。

症状は進行するにつれ徐々に現れるようですが、尿が出にくいとか、残尿感など前立腺肥大症とよく似た症状でもあり、切り分けが難しい場合もあるようです。

ほかには夜中にトイレを繰り返すなどがあれば一応疑ってみても良いかもしれません。


初期の前立腺がんでもPSA検査で一応の判断基準にもなるときがあります。



前立腺がんは、転移しやすいガンと位置づけられています。

多いのは、骨、リンパ節への転移です。

骨への転移は、腰痛、四肢痛などの症状を引き起こします。

次に多いのがリンパ節への転移で、肺、肝臓への転移もみられることもあるようです。


50歳を過ぎると発症のリスクが増大しますので、PSA検査を受けることがおすすめです。

PSA検査は簡単で一適の血液から前立腺がんを診断できるのが特徴です。

定期的にPSA検査を受け、前立腺ガンを早期発見することが大切となってきます。


posted by PSA CHECK at 12:41 | 前立腺がんの症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。