スポンサードリンク




TOP> 費用料金と方法

PSA検査の方法は簡単


実際のPSA検査のやり方、方法についてですが、まだ一度もPSA検査をしていない方にとっては未知の、そして大変な検査ではないか?と思っているかも知れません。

しかし実際のPSA検査は、皆さんが思っているよりも随分簡単なものだと思います。


たった一適の血液さえあれば、PSA(ピーエスエー、前立腺特異抗原という前立腺にのみ存在する糖蛋白)の値を測定できます。

医療機関(総合病院や居住区にある近所の泌尿器科など)では、PSA検査を行うとき採血しなければならないのですが、普通採血といえば静脈へ注射針を刺して少量の血液を、というイメージですが、PSA検査はごく僅かな血液があれば判定できますので、本当に少量の血液で良いのです。

とは言っても病院では単独でPSA検査だけではない場合がほとんど。

普通に採血し、PSA検査はついでにやっておくみたいな感じです。


PSA検査だけをするのであれば、実際は子供の頃よくやった耳からちょっとだけの血液をとったように、痛みといっても指先から専用の医療器具でチクッとする一瞬だけで、必要血液量もにじみ出てくる血液量だけでOKです。


ただ、病院に行って順番待ちをしなければならないとか、泌尿器科に行くのが恥ずかしい、面倒くさい、時間がもったいないというかたに、郵送検査キットというものもあります。

PSA検査をするのに病院に行く必要もなく、インターネットで自宅にいながらいつでも申込み、送られてきた検査キットの説明書どおりに検査したものを郵送すれば、後日結果が自宅に送られてくるものです。

人知れずPSA検査を行うにはもってこいですが、50歳を過ぎれば誰でも普通に行う検査ですので、恥ずかしがる必要もありませんが・・・。

posted by PSA CHECK at 16:38 | 費用料金と方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PSA検査の実際の費用


PSA検査を受けるとき、受け方によって大きく費用が異なります。

検査費用はPSA検査をするときの状態によって料金が大きく異なり、大別して2種類となります。


まず、ひとつめの方法は健康診断として前立腺癌の早期発見のために行う方法で、予防的に受診する場合です。

これには、一般の健康診断時のオプション検査として申し込むほか、自宅の市町村から提供される検診のオプション、または最近では自宅にいながら出来るPSA郵送検査というものまであります。

これらは医療機関での診察外となり、基本的には健康保険の適用外になりますので検査費用がそのまま自己負担です。

一般的にPSA郵送検査で3千円〜4千円前後とあまり高額ではありません。

郵送検査などではPSA検査だけではなく、他のガンも併せて色々ながん検査を行ってくれるものもあります。


もうひとつの方法は、体調に異変を感じ、医療機関(前立腺がんの場合は、泌尿器科になります)を受診し、がん疑いで診療の一環として検査を受ける場合です。

当然ながら、診療行為なので健康保険が適用されます。

PSA検査自体はあまり高額でもありませんが、保険適用なので安いと言う反面、病院での診療報酬などが加算されるので実際はそれなりの自己負担額になります。


全額自己負担でもPSA検査を受け、前立腺がんを早期発見しておけば完治が見込めるがんなので、どちらが良いかと言えば、やはり前者の予防的に、自発的に健康診断時のオプションとして50歳を過ぎたらPSA検査を受けておいたほうが安心です。

posted by PSA CHECK at 21:25 | 費用料金と方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

検査前の食事について


PSA検査をする前日、または直前(朝食もこれにあたります)に飲食するとPSA値は変化するのでしょうか?


結論から言うと、食事後すぐに採血しPSA検査を行うとPSA値は上昇することもあるそうです。


健康診断でもそうなのですが、検査前日は暴飲暴食を避け、夜9時以降は絶食が基本と思っていたほうが無難でしょう。

当日昼からの検査では、朝食は抜きが検診の基本です。

やはり、正確な検査結果のためにも基本とされることは守っておいたほうが検査結果に不満がすくなくなりませんか?



前立腺癌は、食事の欧米化などの環境因子の変化 により、ここ数年急激に増加しております。

食事内容でいえば、脂肪(油)、特に動物性脂肪を多くとることは前立腺がんの危険因子として有名です。

ただ、日常的に高脂肪、高カロリーの食事をとることは、前立腺ガンの危険因子を取り入れていることになりますので、注意して摂生したほうがよさそうです。


前立腺ガンと診断された患者が、早期に食事の内容の見直しを行い食生活を改善、ライフスタイルを変えたとところ、1年で前立腺ガンの症状を示すPSA値が改善されたという報告もあります。


食事や、ライフスタイルの変化の度合いが大きかった人ほど、PSA値の下がり方が大きかった事実。

対して何もしなかった人はPSA値は上昇傾向にあったようです。

posted by PSA CHECK at 22:14 | 費用料金と方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

簡単に検査できる郵送検査方法


PSA検査は必ず病院で行わなければならないのでしょうか?


最近は自宅で郵送するだけでガンの検査できてしまうPSA検査キットというものもあります。

価格は3,000台、4千円〜という感じになっています。


病院に行く時間がない、行くのが面倒など、時間が取れない人には最適な検査方法が郵送検査と言えます。



PSA検査を受けに行くと最低半日位は病院に時間を割かれてしまいます。

PSAの郵送検診ならば、時間を割かれること無く自宅で簡単にPSA検査を行うことが出来ます

価格もさほど変わらない感じですので良いかもしれませんね。



やり方は簡単で指先などからほんの少しの血液をとるだけです。

ちょっとした切り傷で血液がにじみ出てくることがありませんか?

あの程度の出血で良いのです。


かすかにチクッとするだけで、無痛というわけにはいかない(でも無痛に限りなく近い)のですが簡単ですよ。



ちなみに、psa値は前立腺がんの腫瘍マーカーですが、それだけではなくCEAやAFPも同時に測定してくれる検査キットもあるようです。

ちなみにCEAは消化器がんを中心とした腫瘍マーカーで、AFPは肝臓がんを中心とした腫瘍マーカーです。

そしてお金はかかりますが、胃ガン、肺がん、膀胱癌、大腸がん、子宮がん、骨粗しょう症など今では全て郵送で検査可能になっています。

posted by PSA CHECK at 08:02 | 費用料金と方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PSA検査の出来る病院


PSA検査を受けることが出来るのは、ご自分が住んでいる地域の

 「ガン検診窓口」
 「住民検診」
 「人間ドック検診窓口」
 「泌尿器科専門医」

もしくは自分がいつも行っている

 「かかりつけ医」

で相談するのがベストです。



一般の医療機関では何らかの排尿に関するトラブルがあるというように、がんの症状が疑われる場合では、ほとんど全ての医院や病院で実施可能となっています。


住民検診は約70%の市町村で実施されていて、対象年齢は50歳以上となっています。

PSA検査は、ごく僅かな少量の血液があれば前立腺がんの診断測定できますので、通常の血液検査と併せて簡単に行うことができるのが特徴です。



そして今では病院に限らず自宅にいながら郵送で出来てしまいます

価格も手頃で、方法もとても簡単で、血液採取のときの痛みもほとんどありません。



症状は無いのだけれど、病院に行くほどでもない、だけど心配という人にはもってこいのPSA検査方法です。

ただし、郵送検診では検査する内容によっては精度にバラツキがあることがあることもあり得るらしいので、あくまでも目安程度ということで。


いきなり初回で異常値なときは判断が難しくなりますので、やはりちゃんとした医療機関での問診付きのPSA検査が一番安心なようです。

posted by PSA CHECK at 07:43 | 費用料金と方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

検査費用に保険は効くのか


PSA検査では早期の前立腺がんが分かります。


早期の前立腺がんの場合は自覚症状がほとんど無いのですが、早期発見できれば前立腺癌というのは割合簡単に治ります。


しかし、初期の自覚症状は微細なものなので気付きにくく、気のせいと思い込み放っておくと手遅れになりがちです。


そのリスクを下げてくれるのがPSA検査です。



しかし、PSA検査の受診方法は自分の住んでいる都道府県や市町村によってかなり異なるのが現状のようです。


場所によっては申込方法や検査診療機関も違うことが多いです。

近くのがん検診窓口、人間ドック検診窓口、泌尿器科専門医、もしくは御自分のかかりつけっ病院医に相談されると良いと思います。



通常PSA検査はガンの早期発見の予防検診的な意味合いで受診する場合が多いので、保険適用はありませんが、数千円(2,000円程度からあります)ほどと高額ではありません。

通常50歳くらいからの受診をお勧めしていますが、もし親族身内に前立腺癌の病歴などのある方は40歳位から積極的に受けることをおすすめしているようです。



何かで仮に癌疑いの場合は、医療機関では診断ということになるので当然保険適用になります。

その場合はPSA検査は3割負担で受けられます。

このときの検査費用は数百円になり、負担金額はほとんど感じられないでしょう。
posted by PSA CHECK at 10:57 | 費用料金と方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PSA検査の費用


PSA検査の費用に関してですが、一般的には2,000円〜4,000円程度という料金が主流となっています。


しかしPSA検査の方法によっては、かなりのバラつきがあるようです。



通常、前立腺がんの検査を行うのは自覚症状が出てからと言う方もいらっしゃいますが、最近では50歳以上のかたのオプションとして健康診断に組み込まれるという場合も多いのです。


男性の前立腺がんの早期発見に有効とされているPSA検査ですが、ほんの少しの血液から前立腺がんの腫瘍マーカーともいえるPSA(Prostate Specific Antigen 前立腺特異抗原)の数値をはかるもので、健康診断のオプションとして一般化してきていますので健康診断受診時にはチェックしてみましょう。



健康診断のオプションとして行う場合の費用では、1,000円台というところも珍しくありません。

問診も含めて2,000円前後という料金設定が多いようです。

意外と安いんですね。




費用はあまりかからないPSA検査ですので、前立腺癌がちょっと心配と言う方はついでにやっておきましょう。


ちなみに、PSAの数値が異常値の場合でも前立腺がん確定というわけではなく、前立腺炎や前立腺肥大症といったほかの前立腺の病気が分かる場合もあります。
posted by PSA CHECK at 16:21 | 費用料金と方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。