スポンサードリンク




TOP> 費用料金と方法

PSA検査の申込の方法


PSA検査は簡単に受けることが出来ます。

前立腺がんの腫瘍マーカーですので、少し精密検査的な印象もあり、面倒な検査のような印象をお持ちの方も少なくないのではないでしょうか?


PSA検査は少量の血液さえ採血するだけで検査できるので、自宅に居ながら申込みから検査結果の受け取りまで完結できてしまう、PSA郵送検査という方法もあります。


ただし、治療後の再発検査などでない場合は、PSA検査を単独で受けるという状況は医療機関では、ほとんどないようです。

なぜなら、実際は体調の不調などで外来で病院を訪れるので、様々な検査をします。

血液検査も当然行いますが、PSA検査も他の血液検査と一緒にまとめて行うのが普通です。

でも、頼みこめばPSA検査だけでもやってくれるようですが・・・。

PSA検査で異常を特定できる個所は前立腺だけなので、通常は他の検査も同時に行うようです。


更に、PSA検査をしてもらえる病院は何科でもよく、必ずしも泌尿器科である必要もありません。

内科、小児科、外科、整形外科、耳鼻咽喉科、皮膚科、極端なことを言えば産婦人科でも採血さえ出来る医療機関であればいいのです。

自分のところで検査結果を出せる医療機関は少なく、通常は外注として検査機関へ依頼するからです。

風邪をひいたついでに、日頃から気になっているPSA検査も一緒に、ということも可能という訳ですね。

posted by PSA CHECK at 12:44 | 費用料金と方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PSA検査にかかる料金


PSA検査にかかる費用は状況によって本当に様々です。

下は0円(無料)からですし、上は保険適用がない場合で5千円を超えるという高額料金です。

健康診断、いわゆる検診のときに追加のオプションとして一緒にpsa検査してもらう方法が、手間もかからず、手続きも面倒くさくないと思います。

一般企業などで、会社単位の集団検診として年1回の健康診断が義務付けられていますが、そのとき採血しますよね?

そのときに一緒にPSA検査ができます。

必要な血液量もわずかですので、あらためて多くの血液を採る必要性もありません。

医療機関や検診場所によっても微妙に差があるようですが、PSA検査の一番多い料金設定が大体¥2,000円〜3,000円程度と思っておくと間違いない感じです。

もちろん、それよりも高い場合もありますし、安い場合もあります。


待てないし、忙しい方は郵送でのPSA検査がお勧めです。

PSAの郵送検査は通常よりも相場が少し高い、4,000円程度が一般的なようです。

採血方法も簡単で、専用の器具が同梱されていて誰でも出来ます。


とにかく自分の住んでいる市町村のPSA検査料金を問い合わせるのが一番確実です。


数千円程度と高額ではないので、気軽にPSA検査を申し込めますね?

前立腺ガンは症状が出てからでは遅いと言われますので、PSA検査で早期発見に努めるのが得策です。


ちなみに自分が受けている健康診断の施設での健康診断時オプションでの、PSA検査費用は追加料金が¥1,785円です、意外と安いかも。

posted by PSA CHECK at 17:41 | 費用料金と方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PSA検査費用はピンキリ


PSA検査の費用はやり方や目的などによって随分と差があるように思います。


PSA検査は通常前立腺がんの早期発見のために定期的に行います。

PSA郵送検査は、自宅で簡単に検査できますが、料金は4,000円前後が相場でしょう。


前立腺がんの場合、初期段階のステージでは自覚症状はありません。

なので、通常は健康診断時のオプションなどでの検査実施ということで、保険適用外です。

それでも、あまり高額な検査ではないので高くても5,000円でおつりがきます。

医療機関で行うと、初診料や検査費用などが加算され、5,000円を超える場合もあるかも知れません。


しかし、自覚症状があるなどで癌疑いなどでの検査となれば保険適用で3割負担などになり、かなり経費は抑えられます。

ただし、ある一定の年齢を超えているなどの条件をクリアしていれば、無料でPSA検査を受けられる自治体もあるということなのです。


PSA検査で前立腺がんの死亡率を下げると言う目的のため、無料という制度も存在するようですが、PSA検査の普及と死亡率の関連性は今のところはっきりしないのが実情のようです。


けれども、前立腺癌は早期段階で発見できれば、ほぼ完治できるガンなので、PSA検査自体は無意味ではありません。


検査費用が無料というのは稀な例ですが、数百円程度でPSA検査が出来る場合も少なくないようです。

一度、ご自分の住んでいる地域の制度を確認してみたほうが良いかもしれません。


posted by PSA CHECK at 12:13 | 費用料金と方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PSA検査は泌尿器科でなくても出来る


前立腺がんといえば、泌尿器科という連想が浮かぶと思いますが、前立腺がんの腫瘍マーカーである、PSA検査はどこの科でも(どの病院の何科でも)採血可能ならば実施可能なのはご存知でしょうか?


PSA検査は少量の血液から前立腺の異常を判定するのですが、採血場所=検査実施機関ということは稀で、通常は外部委託として別の機関で判定作業を行っています。


そのため、健康診断や住民検診、かかりつけの病院で風邪や怪我の治療ついでにといった具合に採血のタイミングがあれば、頼めばPSA検査を行ってもらえます。

自宅にいながらでも郵送検査という方法で、PSA検査を行うこともできます。

郵送検査にかかる費用は3千円から4千円程度が主流。


このようにPSA検査は、ほぼ外注なので極端に言えば産婦人科でもOKです(実際男の人が産婦人科で診てもらうことは、まず無いでしょうが…)。


ただしPSA検査の結果、異常値(グレーゾーンやそれ以上の高値)の場合は精密検査を受けに泌尿器科を受診することになります。

泌尿器科では、PSA値(分かればF/T比や、グリソンスコアも加味したもの)によって検査方法を決めます。

グレーゾーンの場合は3〜6ヵ月程度の観察期間を置き、期間をあけてPSA検査を再度行います。

通常2次検査の精密検査の内容は直腸診、または画像診断、生検(生体組織検査)を行い、前立腺癌かどうかを確定診断します。


posted by PSA CHECK at 12:08 | 費用料金と方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前立腺がんの検査方法


PSA検査がおすすめです。

PSA検査は、前立腺の異常をかなり正確に感知してくれる検査と言えます。



前立腺がんは、初期の段階では自覚症状がほぼ皆無なため、ガンの進行に気付かずに手遅れになる場合もあるようです。

ただし、前立腺がんというのは非常に癌の進行が遅く、ゆっくり育つガンで、他の消化器官のガンとはその点で異なります。


自覚症状が出るのは、ある程度前立腺がんが進行している場合です。

いくらゆっくりと進行の遅いガンといえど、進行ガンとなれば、他の臓器などへの転移の可能性も視野に入れなければならないでしょう。

つまり自覚症状が出てからでは明らかに治療が大変になります。

治療するにしても、再発した後のことまで視野に入れて治療を計画してゆくのです。

前立腺全摘出を中心として、その他の治療(ホルモン療法や放射線治療など)を組み合わせることで、現在では比較的多くの方が10年以上癌を抑制することが可能となっています。


前立腺がんは50歳以上では約3割程度、80歳以上では6〜8割の方に前立腺がんが見つかるといいます。


一般的にはPSA検査を受け始めるのに丁度良い年齢というのが、ガン発症の確立が著しく増加し始める50歳と言われます。



PSA検査では、初期のステージでもしっかり検査結果に出てきます。

初期癌であれば、前立腺がんは治せるガンですので、しっかりとPSA検査を受けて早期発見を目指しましょう。


posted by PSA CHECK at 12:10 | 費用料金と方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前立腺がんセルフチェック


前立腺がんはPSA検査(前立腺腫瘍マーカー)という簡単な血液検査で、早期診断でき、しかも早期の場合であれば完治させることも可能なガンです。


PSA検査は、ほんの1滴(0.05ml〜)という必要血液量で診断できてしまいます。

忙しい方のためには、料金だけを見ると割高感はありますが、PSA郵送検査という手段もあります。


早期がんの場合は自覚症状も無く症状が現れたら病気が進んでいる証拠ですが、年齢と共にかかる可能性が大きくなるガンなので1年に一回の定期的なPSA検査をすることが肝心です。


そこで、もしものための前立腺がんの症状をセルフチェックしてみましょう、8つ以上当てはまると可能性が・・・、PSA検査や、医療機関での受診をおすすめします。



50歳以上の男性の場合

  1.食事の栄養バランスはあまり気にしない
  2.肉類が好きでよく食べる
  3.野菜類はあまり食べない
  4.日々ストレスが多くストレスがたまる
  5.最近、尿の色が濃い、濁っている
  6.下腹部になんとなく違和感かある
  7.血尿(尿に血が混じる)が出ることがある
  8.飲酒はほぼ毎日
  9.不規則な日常生活(睡眠時間がバラバラなど)をしている
 10.おしっこをしたくても我慢してしまう
 11.残尿感(排尿後に尿が残っている感じ)がある
 12.尿の勢いが弱く、細い
 13.排尿しようとしてから尿が出るまでに時間がかかる、またはいきまないと排尿できない
 14.排尿途中で意志と関係なく排尿が途切れる
 15.夜中、尿意をもよおし起きてしまうことがある(夜2回以上トイレに起きる)
 16.二時間も経たないうちに、またトイレに行きたくなる
 17.排尿したくても尿が出ない
 18.排尿時に尿が分かれて出る
 19.尿が漏れる
 20.前立腺肥大の既往症がある
 21.前立腺がんの家族歴がある


どうでしたか?

特に最後の家族歴がある場合は、50歳を待たずに40歳代からのPSA検査で早期発見を視野に入れておく必要があります。




posted by PSA CHECK at 14:42 | 費用料金と方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PSA検査にかかる費用


PSA検査を単独で検査するということは、あまりないことかも知れません。

大抵は他の血液検査のときに、オプションとして検査項目の追加をするようですね。


どうしてもと言う方には頼めばやってくれるかもしれませんが、初診扱いで、初診料やその他もろもろの点数を合計すると10割負担で、約6,000円弱といったところです。

病院では通常健康保険適用(病気の検査として行うため)になるので3割負担だと2,000円かからない計算になりますね?

しかし最初にあったようにPSA検査単体では普通検査は行わないので、他の血液検査を色々追加してやるはずなので、窓口で払う料金はそれなりになると予想されます。


それよりも健康診断の時のオプション扱いでPSA検査を受けるときは、3,000円ほどが相場のようです。

しかも、健康診断や街の検診などは毎年行っていると思いますので、その都度PSA検査を追加で申し込めば定期的にPSA検査を行えて、前立腺がんの早期発見につながります。


家族歴がなければ、よほど心配出ない限りPSA検査は50歳を過ぎた頃からで良いのではないでしょうか?


また、単独でPSA検査を行う場合というのは、前立腺がんという診断で治療後、または手術後、ガンの転移がないかなどを調べる目的で行われるということはあるかもしれません。


posted by PSA CHECK at 21:59 | 費用料金と方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PSA郵送検査は実際に簡単です


PSA検査は血液を採取して行いますが、通常は病院などでの検査となります。

しかし、医療機関へ行けないなどの理由で自宅に居ながら簡単に検査できる、PSA郵送検査と言う方法もあります。

誰にも知られたくないなどの方もこのPSA郵送検査キットがあれば大丈夫そうですね。


自宅で血液採取といっても、わずか1滴、とまではいかないようですが、チクッと針で刺し(これも専用器具がPSA検査キットに含まれています)何滴かにじみ出てくる血液をとるだけですから、とても簡単です。


検体(採取した血液)を郵送すれば、後日結果が送られてきます。

PSA検査について何かあったときでも相談窓口として専用のコールセンターを設けている場合もあるので安心。

PSA検査は、前立腺がんの腫瘍マーカーとして前立腺がん早期発見のための予備検査(スクリーニング:ふるいわけ検査)として使われています。

PSAというのは、前立腺が異常をきたしたときに前立腺から分泌する特異タンパク質(前立腺特異抗原:PSA)をモノクローナル抗体を用いて化学発光法(ケミルミ法)で分析する検査方法で、最も正確、鋭敏かつ簡易な方法の一つです。


郵送検査キットの販売価格は¥3,000円〜4,000円程度が主流、割とお手頃な価格で販売されています。


posted by PSA CHECK at 08:45 | 費用料金と方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PSA検査はどこの病院(何科)で受ける?


PSA検査はどこの病院へ行けばやってもらえるのでしょうか?

前立腺がんの腫瘍マーカーということで、やはり泌尿器科なのでしょうか?


実は、PSA検査というのは血液検査だけなので、どこの病院でも何科でも関係なくやってもらえます。

PSA検査と言うのは、前立腺障害の時に血液中に流れ出ているPSA(前立腺特異抗原)値を調べる検査なので、自身の病院・医療機関で出来ない場合、検査機関で検査してもらうだけです。


自分がいつも通っている町のかかりつけの病院、医院では血液検査は外注している場合も多いので、何か採血するついでにpsa検査もして欲しいと言えば大丈夫なのではないでしょうか?

ほかのガン腫瘍マーカーなどの血液検査でもやはり同様に血液検査だけで行えるのであれば、PSA検査のようにどんな腫瘍マーカー検査も受けさせてもらえる可能性が高いです。

検査機関での結果待ちになるので、日数や時間がかかるというだけで、どこの病院でもOKなのです。

後日、PSA検査のPSA値の結果があまり良くなく精密検査が必要となれば、直腸診や超音波検査を行い、ガンの疑いが強い場合は更に前立腺生検といって組織をとって調べる検査が行われます。


精密検査は泌尿器科の専門医によって行われることになるので、専門の病院や総合病院へ行かなくてはならなくなる場合があるでしょう。


posted by PSA CHECK at 21:02 | 費用料金と方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PSA検査の方法とやり方


前立腺がんは、初期の段階では自覚症状も乏しく身体の不調というものがないので、手遅れになりやすいガンともいえます。


そのため、前立腺がんを超早期に発見できるPSA検査というものを受けることがベストなのです。

しかし、前立腺がんを発症するのは50歳以降で、患者のほとんどは60歳代からという事実もあり、若いうちは無頓着、しかも自分だけは…、更になんか面倒そう・・・、という思い込みで受けない人も多いと聞きます。


しかし前立腺癌というのは、早期発見であれば治るガンなので、手遅れにならないうちに早期発見できるPSA検査はおすすめです。

やりかたは、市町村の集団検診や、勤め先の健康診断などありますし、40歳の節目と呼ばれる年齢を境にしてPSA検査が健康診断時にオプションで選択できるようになっている場合もあります。

何も無くても、安心のためと頼めばもちろん普通にPSA検査を行ってもらえます。


厚生労働省によれば、全国の自治体の約6割にあたる1000市区町村以上の住民検診でPSA検査を実施しているようです。

その場合の自己負担は500円〜2000円程度が多く、70歳以上は無料といううらやましい自治体もあるそうです。

一般の検診よりも安い印象を受けますね。


逆に尿の出が悪いなどの自覚症状があってガン疑いとして病院で検査を受ける場合の費用は3割負担で400円台ということなので費用的にはさほど高額ではない検査ですね。

posted by PSA CHECK at 20:36 | 費用料金と方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク