スポンサードリンク




TOP> 基準値について

生存率はあくまで目安にすぎない?

PSA検査で基準値を超えたPSA値が検出されて、精密検査を受けたら前立腺癌だった場合、初期癌であれば完治の可能性は高いです。

初期の前立腺癌の場合は、90%ほどの確立で治るといわれています。

いわゆるステージAという病期の段階です


5年生存率はガンがどの部位にまで広がっているか(進行しているか)で変わってくるようです。

 前立腺内に限局している場合 70〜90%

 前立腺周囲に拡がっている場合 50〜70%

 リンパ節転移がある場合 30〜50%

 骨や肺などに遠隔転移がある場合 20〜30%

というふうに進行度別に5年後の生存率は変わってきます。



ただし、あくまでもこれは今までの(過去の)データをもとに計算されているもので、絶対ではありません。

数値は参考程度に考え、あまり過信しないように(どちらの場合でも)しておきましょう。



実際の状況では、ほかの色々な要素に予後は左右されてきます。

例えを挙げると年齢、持病の有無、治療方法とその質などです。

高齢になれば、当然ですが体力も落ちてしまいがちですから、予後は悪くなると想定されます。

持病がある場合も同様のことが言えます。

治療方法が不適切(通常はあまりないように思えますが・・・)であったり、質が低い場合とそうでない十分な治療を受けた場合でも結果は違うようです。



何にせよ、前立腺癌は進行はあまり早くないので、毎年定期定期にPSA検査を受けるなどしておけば、早期で発見できて、治すことができるので50歳を超えたら積極的にPSA検査を受けると安心ではないでしょうか?


posted by PSA CHECK at 14:47 | 基準値について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前立腺癌は転移が早い?



PSA検査の結果が悪く、早く精密検査を受けたいのに、十分な説明もなく、ずいぶん先の日程で病院の検査予約を入れられてしまう。


よくある病院の対応です。

1ヶ月も2ヶ月も待たされている間にガンが大きくならないか?とか、その間に手遅れになってしまうんじゃない?とか色々考えてしまい夜もよく寝られない状態が・・・。



一概には言えませんが、前立腺がんは多くの場合発生してから最初の10〜20年は成長が遅いのが特徴です


それまで毎年定期的にPSA検査を受けていたのであれば、今回初めてPSA値が異常値を示したとしても、それは一刻を争う緊急事態ではないと考えられます。

とは言ったものの、病院側からすると他人事(言い方が悪いかもしれませんが、患者側からするとそう思えてしまうのです)なので、対応してくれる医療機関を自分で探すのも手ですね。

もし今まで、PSA検査を受けたことがなく、いきなりPSA値が異常値と言われれば焦りますよね?


前立腺がんは比較的進行が遅く、おとなしいガンとされているのですが、進行すると周囲の骨盤や脊椎に転移しやすくなるという特徴もあります。


ちなみに、PSA検査の検査結果で、PSA値が4〜10ng/mlはグレーゾーンといい、癌かもしれないけど、違うかも知れないし、たまたまPSA値が上昇していただけかもしれないという段階です。

その場合でも癌の確立もまだそんなに高くないので、進行がんとは考えにくいのではないでしょうか?

posted by PSA CHECK at 20:31 | 基準値について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PSA値が異常値の原因

前立腺がんの早期発見にと、PSA(prostate specific antigen)検査を受けた結果が悪く、PSA値が異常値という結果をもらったら・・・。


PSA値(前立腺特異抗原の血中数値)が異常値の原因として考えられることはいくつかあります。


まずは本当に前立腺がんが発症している。

PSA検査は腫瘍マーカーなので、前立腺癌に反応しますが、自覚症状がなければ本当に早期がんと推測されるでしょうし、完治することも見込めます。


ほかには、PSAというのは前立腺に癌以外の異常が発生していても血液中に増加してしまいます。

よくあるのが、天皇陛下もかかられた前立腺肥大症、そのほか前立腺炎などの前立腺の病気でもPSAの値は上昇しますが、これらはガンとは関係ありません。

前立腺肥大症からガンに発展することは無いと考えられていますがPSAの値によっては、次に行う検査方法は様々で、癌かそうでないかを調べていくことになります。


そして偶然的な結果というものもあり、前立腺に刺激を加えるようなことをした後に、たまたまPSA検査を行った、つまりタイミングが悪かった場合というのがあります。


極端な話、自転車に長時間乗っただけでPSA値が上昇することもあり得るといいます。

長時間イスに座りっぱなし、長時間の自動車の運転や自転車の乗車、ストレス、本人の体質、さらには排尿に対して気にしすぎなどは、慢性前立腺炎を引き起こす原因としても知られています。



現在のところ前立腺がんの危険因子のうち大きな割合を占めると言われているのが高齢化です。

50歳以上という年齢から患者数が急激に増加することから、定期的にPSA検査を受けて早期発見に努めるのが得策と言えそうです。

posted by PSA CHECK at 15:25 | 基準値について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

発毛剤プロペシアでPSA検査が正常値ではなくなる?


飲む発毛剤として知られるようになってきた「プロペシア」を服用していると、PSA検査結果のPSA値が40〜50%も減少してしまう(被験者は当然PSA検査世代の50歳〜60歳以降の人々です)というのです。


早期がんとしては、自覚症状がほぼ無いという前立腺ガンの早期発見の検査方法として一般に知られるようになった前立腺ガンの腫瘍マーカーともいえる検査方法が、PSA血液検査です。


PSA検査というのは、少量の血液を採取してPSA(前立腺特異抗原)と呼ばれる男性の前立腺に異常がある場合に血液中に多く流れ出る物質を測定する検査方法です。


そして、前立腺がんというのは一般に50歳台から多く発症する傾向にあるため、中高年のかたが健康診断と一緒にPSA検査を受けるというのが一般的になりつつあります。



一方、プロペシアは一般名フィナステリドと呼ばれ世界60カ国以上で承認されている世界で初めて医師が処方する1日1回の内服によるAGA(男性型脱毛症)用の治療薬です。

抜け毛、薄毛が気になり始めたら早い段階でプロペシアを服用する事で、効果が期待でき、しかも一日1錠の服用で良い手軽さから広まってきたようです。


つまり、プロペシア(フィナステリド)を含む発毛剤、育毛剤を使用している場合は、PSA値を2倍近く修正して判断しておかないといけない可能性が大ということをお忘れなく。

posted by PSA CHECK at 12:15 | 基準値について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前立腺の精密検査は受けるべきか?


前立腺がんを早期発見できるPSA検査を受けた検査結果が思いのほか悪いとき医者からは精密検査を勧められることでしょう。

前立腺がんは前立腺特異抗原(PSA)の値が上昇するのでPSA検査で早期に発見できます。


特に前立腺がんは症状の出ないうちにPSA検査を行って癌を発見しておかないと何らかの症状が現れたときには、既にがんが前立腺のほかに転移し始めている可能性が高まります。

症状が出ていない段階であればがんが他に広がっている可能性も低いのです。


PSA検査を健康診断のオプションなどで受け、異常値になった場合は泌尿器科で受診することになるでしょう。

泌尿器科では、PSA検査の数値によってがんの疑いがある場合には確定診断のために直腸診や前立腺生検を行うことになります。

前立腺生検(生体組織診断、またはバイオプシーとも呼ばれます)を行った後、感染、直腸からの出血、血尿などの症状が一時的に起こることもありますが、重い合併症はほとんどありません。


PSA検査では80から90%の前立腺がんが診断可能ですが、なかにはPSA値が上昇しない前立腺がんもあるようです


ここで、症状が出ていない早期がんの場合であれば、完治する可能性が極めて高いともいえます。


しかし、PSAの値が高いけれどもがんが見つからないこともあるようです。

前立腺が炎症を起こしている場合や、前立腺肥大症などの前立腺に障害が発生している場合はPSAの値は上昇するからです。


posted by PSA CHECK at 11:48 | 基準値について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PSA検査数値をわかりやすく解説してみました


PSA値が異常値でも必ずしも前立腺がんとは限りません。

psa検査結果が異常値でも、超音波エコーや前立腺生検という精密検査を行なってもガンが全く発見されない例もあります。


それは前立腺肥大症や前立腺炎でもPSA値が高くなることはあるからです。

ですからPSA検査は、あくまで前立腺がんを早期発見するきっかけとなるひとつの基準(目安)です。


しかし、非癌判定となるPSA値の基準値 4ng/mLを超えると心配ですね。


PSA検査の結果、PSA値が 10ng/mLを超えてしまうと前立腺がんの確立が50%前後と高くなり、かなりの確立でがんが見つかるそうなので、PSA値が高い場合は、あまり気軽に構えていない方が良いかもしれません。


ちなみに、PSA値が50ng/mlほどの場合は、約9割の確立になるといいます。

ただ、逆にPSA値が低いからと言って癌がない確証とも言い難いのが実情です(PSA値が基準値内であればまず心配はないようですが・・・)。


また、F/T比という計算で前立腺の肥大等の疾病なのか、がんなのかを大まかに調べるやり方(指標)もあります。

ただし、前立腺がんでは前立腺肥大症を合併していることが多いのでPSA血液検査の結果だけではなく、結局トータルで前立腺の疾病診断を行ったり、高齢のかたは積極的に定期健診を受けることが前立腺がんの早期発見・治療の大前提といえそうです。

posted by PSA CHECK at 19:58 | 基準値について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PSA検査結果のF/T比について


PSA検査におけるF/T比とはPSA(前立腺の腫瘍マーカー)の中に含まれているフリー(Free)のPSAとタンパク質が結合したトータルの(Total)のPSAの比率です。

F/T比とは、フリーPSAパーセントとも言います。

といってもピンときませんね?


実はこのF/T比からPSA検査の際、前立腺ガンの診断がより正確にわかるようになる指標となるのです。


通常グレーゾーン症例においてF/T比が低値ほど前立腺癌の確率が高くなります。

PSA検査でグレーゾーンと呼ばれるPSA値が4〜10ng/mLの場合、がんの確立は30%以下ですが、切り分け検査として直腸診を行って問題のなかった症例、つまりガンではない場合、F/T比は高い値を示したそうです。

逆にグレーゾーンで、FT比が低いほど前立腺ガンの確立は上がるということです。


F/T比の基準値ですが、F/T比が25%以上の場合は前立腺がんの可能性が約10%以下。

25%〜10%の間であると前立腺がんの可能性が20%〜30%程度。

F/T比が10%以下の場合は前立腺がんの可能性が50%以上と判定されます。


トータルPSAがあまり高値でなくても、ft値が低い場合は要注意ということです。


ちなみに、F/T比(%)のカットオフ値を25%に設定することで、トータルPSAがグレーゾーンの前立腺癌症例について95%の陽性率を維持し、非癌症例のうち20%の症例で不必要な生検を回避することができます。

PSAのカットオフ値に関して、以前は4ng/mlでしたが、手遅れになる患者数が多く出ていたこともあり、現在ではそれより少ない、2.5というカットオフ値を設定されているようです。

posted by PSA CHECK at 20:54 | 基準値について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PSA検査の数値結果について


前立腺がんの早期発見のためにPSA検査を受けた結果、PSA値が異常値を示した、という場合はいろいろな原因が考えられます。


PSA値の基準値は4ng/mL 未満です。

PSA値が4ng/mL未満であれば、まず安心といったところでしょうか?


しかし、前立腺がんは高齢になればなるほど発症率が上がるので基準値以下でも定期的にPSA検査は受けていたほうが安心です。

健康診断時のオプションとしてでも良いですが、自宅にいながら郵送のみでPSA検査ができるのです。

費用は地域によっても変わるようですが、あまり変わらないようですね。



4〜10ng/mLはグレーゾーンといって、癌の確立が20〜30%程度になりますが、この場合でも早期がんと言われていますので、あまり慌てないほうが良いのではないでしょうか?

しかし、10ng/mL以上という高値を示した場合は、前立腺ガンの確立は上がっていきます。

PSA値が20〜30で、約50%の確立となり、PSA値が50〜100以上では、97%以上の確立という報告もあります。


しかし、PSA検査の結果、PSAの値が大きくても癌が発見されない場合もあります。


代表例が前立腺肥大症や、前立腺炎といった前立腺のほかの病気にかかっている場合は、PSA検査の数値は上昇するのです。

PSA検査結果が思わしくなく、更に前立腺がんかどうかを確定診断を行うために、直腸診、経直腸的超音波検査等を受けるよう主治医から勧められるようになると思います。


posted by PSA CHECK at 22:45 | 基準値について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

疑いがあれば腫瘍マーカー(PSA検査)で確認を


最近、「夜中によくトイレに行くようになった」「おしっこが出にくい」「頻繁にトイレに行きたくなる」などの症状が気になりませんか?

年のせい?

しかし、もし50歳を過ぎていたら念のため一度、PSA検査という血液検査を受けてみましょう。



PSA検査というのは前立腺がんの腫瘍マーカーとして位置づけられている検査方法です。


前立腺に障害が発生すると、PASと呼ばれる前立腺から血液中に流れ出す前立線特異抗原というタンパク質の一種です。



PSA検査を受ける目安は、年齢が50歳を越えたあたりからです。

なぜならば、前立腺ガン患者の90%以上が60才以上で、がんが発見される年齢は50歳を越えてからがほとんどです。

このPSA検査はとても簡単で、ごく僅かな血液から診断することが可能です。



PSA検査の結果、PSA値の基準値は、4ng/mLです。

PSAの値が4ng/mLを越えるとがん疑いが強くなっていきます。

10ng/mLまではグレーゾーンですが、それを越えるとかなりの確立でがんが疑われるようになります。


初期段階では自覚症状が、ほぼ無いガンなので、定期的にPSA検査を受けることが理想です。

PSA値が1ng/mL未満では3年毎、PSA値が1ng/mLを越えていれば毎年と言うふうに決めておけば安心です。


40歳代での前立腺がん発症は、普通レアケースですからあまり神経質にならなくても良いですが、身内に前立腺がん発症者がいたりすると危険率が増加しますので、そういった場合は若いうちからPSA検査を受けたほうが良いかも知れません。


posted by PSA CHECK at 19:56 | 基準値について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

F/T比とPSA検査の関係とは


F/T比とはPSA(前立腺腫瘍マーカー)の中に含まれている遊離型(フリー、Free)PSAとタンパク質が結合した結合型PSAに分けて測定したときの、フリーPSAの値と全体(トータル、Total)のPSAの比率です。


F/T比が低下するとガンの可能性が高いとされています。


PSA検査とF/T比から何が分かるかというと、前立腺がんの診断に用いられるPSA検査の診断がより正確に分かるようになるのです。


PSA検査においてグレイゾーン(PSA値が、4.1ng/ml〜10.0ng/mlのとき)で、超音波検査や直腸指診を行い診断がつかないときに生体組織診断(せいたいそしきしんだん)、いわゆる生検を行います。


FT比というのは、PSA検査の結果と併せて前立腺がんの診断のための無駄な生検を行わなくて良い症例を選び出すためのものです。


つまり生体組織診断(生検)を行っているのであれば、F/T比を気にする必要もないということになります。


前立腺生検は前立腺癌の確定診断をつけるための最重要かつ最終検査法です。


ちなみに、F/T比の基準値は、F/T比が25%(0.25)以上の場合は前立腺がんの可能性が約10%。

FT比が25%〜10%(0.25〜0.1)の間で前立腺癌の可能性が約20%。

F/T比が10%(0.1)以下の場合は前立腺癌の可能性が50%と判定されます。

posted by PSA CHECK at 07:54 | 基準値について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。