スポンサードリンク




TOP> PSA検査について

PSA検査を上回る精度の検査方法


PSA検査は、前立腺ガンの早期発見に対して有用とされています。

PSA検査は今やかなりの浸透性をもっていて、前立腺がんと言えば、PSA検査という具合にかなり一般化してきました。


ところが、ほかにも進行前の前立腺がん治療後の患者の生存と治療反応の予測に有用である因子が存在することはあまり知られていないかもしれません。


それは血中腫瘍細胞といい、CTCといわれます。


CTC数をみることで化学療法前後の予後予測に有用とされています。

前立腺がんがホルモン療法の効き目がなくなるとホルモン療法抵抗性の進行がんと診断されますが、この化学療法に対する反応を予測することが困難でした。

ところが、治療前後のCTC数と生存予後との相関関係を解析し、PSA値の変化やLDH(乳酸脱水素酵素)などについても検討した結果、治療前のCTC数とPSA値の高値は死亡リスク増大に関与していたが、治療後、4週、8週、12週間での測定値では、死亡リスクに関係のある値はPSA値ではなく、CTC値だけが著明な相関関係が認められただけだったという。


血中腫瘍細胞であるCTC数は疾患状態の監視に利用でき、臨床試験における生存評価の中間エンドポイントとして有用であるということ。

生存に関する中間エンドポイントや代用エンドポイントとしてCTC数を活用すれば、新薬承認までの期間短縮につながるということに。

ただし、バイオマーカーの使用方法の手引きとなるエビデンスを、複数の前向き試験において確立する必要があるとも・・・


治療前のCTC数とLDH値、治療後のCTC数変化をすべて考慮に入れることで、最も生存予測の確度が高まるとの研究結果もあるとのこと。


今は、PSA検査が一般的な検査方法ですが、もう少し研究が進めば、より精度の高い検査方法や治療方法が確立されるかも知れないかも知れませんね?

タグ:LDH CTC PSA
posted by PSA CHECK at 19:18 | PSA検査について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

健康診断のときに一緒にPSA検査を受けよう!

前立腺がんは50歳を越えたあたりからPSA血液検査をすると前立腺がんを早期に発見できます。

60歳を過ぎるとガンリスクはかなり上がるので、PSA検査は定期的に受けるに越したことはありません。


しかし定期的といっても、なかなか実行出来ないのが現状ではないでしょうか?

仮にPSA検査の結果、PSA値が1未満だとすると、定期サイクルは3年程度でしょう。

それ以上ではグレーゾーンの4未満では毎年が定期の期間として妥当なところと言われます。

ついつい忘れてしまうPSA検査を健康診断のオプションとして毎回行うと決めてしまえばいいのではないでしょうか?


普通、健康診断は年1回の間隔で行われていると思います。

そのときに、オプション検査としてPSA検査を申し込むのです。

この方法であれば、ついうっかり最後にPSA検査を受けてから何年も経ってしまったなんてことも防げますね。

ただし、体調が悪くて病院を受診して医療診断としての検査ではないので、健康保険の適用外となってしまい、診断料金が少々高くなってしまいます。

検査料金が高くなるといっても、対象が前立腺がんだけのPSA郵送検査でも3,000円前後というリーズナブルな費用です。

ピロリ菌、胃がん、大腸がん、前立腺ガンの4種類のガンを一度に検査するキットでさえも、1万円少々からあるほどです。

料金面でいえば、普通に病院(泌尿器科など)を受診し、前立腺がん疑いであればPSA検査は保険適用となります。
保険適用で最低1700円くらいからとなっています。

posted by PSA CHECK at 22:04 | PSA検査について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

具体的なPSA検査費用とは


PSA検査は前立腺がんの早期発見の目安になる、いわば腫瘍マーカー的検査です。

前立腺がんは50歳を過ぎた頃から危険率が高まり、60歳代からの発見が増加していきます。

PSA検査は年1回、または半年に1回といったふうに定期的に受けることが望ましいことです。

PSA検査を受けるには、居住地域や会社の健康診断のオプションを申し込む方法や、人間ドックのオプションに申し込む方法などがあります。



しかし、この場合は病気などで医療機関を訪れて、検査受診する場合と違い、健康保険の適用外となり、全額自己負担となります。


他には自宅で簡単に1滴の血液採取(ほとんど痛くないんですよ)だけで、郵送のみで受けられるPSA郵送検査もあります。

当然こちらも全額自己負担です。



しかし、近くの内科や泌尿器科でPSA検査を受ける場合は、通常体調不調を訴えガン疑いなどで検査が行われます。

これは医療行為なので、当然保険適用となり、安価となります。



実はPSA検査を無料で受けられる方法があります。


特定健康診査受診券を使って、生活習慣病共同健診で特定健診を受けることが出来ますが、検査項目の中にPSA検査があります。

検査は、特定健診実施医療機関で受けることができます。

この場合は、費用はかかりません。


このほか、無料でPSA検査を受けることが出来るのは、無料健康診断で特定健診としてPSA検査が受けられます。

被保険者全員が対象(年齢制限なし)です。

無料検査の案内は、「いきいき」に掲載されます。


posted by PSA CHECK at 20:28 | PSA検査について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前立腺がんの予防について



前立腺がんはPSA検査と呼ばれる、簡単な血液検査で早期の段階から発見することができ、完治も可能なガンです。


ところで、前立腺がんには予防法があるのでしょうか?


実は、前立腺がんというガンには有効な予防法が見つかっていません。

原因もはっきりと解明されていないのです。


なので、いまのところPSA検査を定期的に受けて早期発見することがとても大事になっています。


前立腺がんにならないために、何か自分で出来ることがあればやれば良いのですが、残念ながら前立腺がんの原因は不明なので、一般的にがんの予防法といわれているものをやってみるしかありません。


ガンを予防するには、以下のような生活習慣を心がけるようにしてみましょう。

 バランスよく栄養を摂取する

 緑黄色野菜をたっぷりととる

 毎日、変化のある食生活を心がける

 食べ過ぎない(特に脂肪を控えめに、高カロリー高たんぱくは避ける)

 大豆をよく食べること(はいいかもしれないという説があります)

 適量、適度なお酒を楽しむことは良い

 たばこは吸わない

 適度にスポーツをする(身体を動かす)


やはり、適度な運動と豊かな食生活がガンだけではなく、健康的に過ごすには欠かせないというところです。

それでも、いつ前立腺がんになるか分からないので、やはり危険率が高まる50歳を過ぎたあたりから、定期的にPSA検査を受けることが重要でしょう。


PSA検査では、自覚症状のない本当に初期段階の病期の前立腺がんを発見できる有用な検査です、自覚症状が表れている場合、前立腺ガンはある程度進行しているとみていいでしょう。

posted by PSA CHECK at 10:32 | PSA検査について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PSA検査は簡単です


前立腺がんは血液を調べるだけ(PSA検査)で超早期に発見できる癌です。

50歳を超えたら、血液検査だけでできるPSA検査を受けるのがおすすめです。

この検査は非常に簡単で、たった1滴の血液を採取するだけで調べられるのです。


PSAとはProstate Specific Antigen(前立腺特異抗原)のことで、前立腺から分泌される物質です。

前立腺だけで作られるPSA(前立線特異抗原)というタンパク質が、がんになると血液中に放出されることを利用しています。

ちなみにPSAは、セリンプロテアーゼ(セリン蛋白分解酵素)に分類されています。



この検査を受ける方法は主に3つあります

 地域や会社の健康診断についているオプションで受ける

 人間ドックのオプションで受ける

 近くの内科や泌尿器科に相談して受ける



50才を過ぎたら、年に一度PSA検査を受けるように日本泌尿器科学会では推奨しています。

実際、アメリカではPSA検査の普及により、前立腺がんによる死亡者数が減りました。

家族に前立腺がんになった経歴などがある場合では、40歳位からPSA検査を受けると良いでしょう。

PSAの値が高い人(癌疑いが高確率な人)は前立腺の組織を針で取り出して精密に調べる「生検」という検査をさらに受けて、がんかどうかの確定診断をします。

タグ:簡単 検査 PSA
posted by PSA CHECK at 12:18 | PSA検査について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高感度PSAタンデム法とは


前立腺がんを診断する指標として用いらているのがPSA検査と呼ばれ、血中PSA値を測定するものです。

PSAとは、血清中前立腺特異抗原のことで、前立腺ガンや前立腺肥大症、前立腺炎などを発症している場合に血液中に流れ出る物質のことです。

血中のPSAには3種類あり(Free PSA、PSA-ACT、PSA-MG)、このうち検査で測定されるのが、2種類(Free PSAと、PSA-ACT)です。


PSA検査方法にも違いがあり、PSA測定キットにより、Free PSAとPSA-ACTの反応性は必ずしも同じではないようです。

このため、実際のPSAの測定では、Free PSAもPSA-ACTと同じように反応するEquimolar-response Assayであることが、望まれています。

タンデムPSAは、患者ごとに異なる可能性のある血中Free PSA/PSA-ACT濃度比の影響を受けないPSA血液検査と言えます。

PSAタンデム法のほうが感度も特異度も高く優れた検査法として確立されています。


古くから前立腺ガンのスクリーニングとして用いられてきたPAP(前立腺フォスタファーゼ)は、前立腺に何かの異常があると、血液中に増えてくるのを測定していましたが、精度的にはPSAのほうが高いため現在ではあまり使用されていないようです。

posted by PSA CHECK at 17:47 | PSA検査について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PSA検査を受ける頻度はどのくらいが適当か?



PSA検査は前立腺ガンを早期発見する上でとても適切な検査方法といえます。

少量の血液を採取するだけで良いので手軽に出来ますし、時間のない人のために在宅したまま郵送検査と言う方法もあります。


psa検査は、がん発見の腫瘍マーカーです、もしも検査の結果が悪く、前立腺ガンの場合でも治療方針や、経過観察などを検討する上で重要な指標ともなりえます。



ところで、psa検査でpsa値が正常だった場合は、どのくらいの頻度でpsa検査を受ければ良いのでしょうか?


スクリーニング検査(ふるいわけ)であれば、1年に1回の健康診断で受ければよいのではないでしょうかというのが一般の見解です。

PSAなどの値がグレーゾーンにある場合は、半年一回調べることもあります。

がんが見つかった人では、がんの種類や行う治療によって違いますが、一般には治療前に上昇していた腫瘍マーカー(PSA値)を、治療後1、2、3、6ヶ月後、1年後、その後は年に1回と言うふうに徐々に間隔をあけて調べます。


検査の間隔は、調べる目的や状況によって変わるので、医師の指示に従って必要なチェックを受けるようにした方が良いです。



また、PSAの値が1.0 ng/ml未満では、3〜5年毎に検査を、PSAの値が1.0 ng/ml以上では2年または1年毎(毎年)のPSA検査を受ければ良いという報告もあります。

ちなみにグレーゾーン(癌疑い)のPSA値は、4.0 ng/mlです。
posted by PSA CHECK at 22:24 | PSA検査について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PSA検査の精度は?



前立腺癌の早期発見のためには、PSA検査という検査を受けることが良いとされています。


PSA検査とは、PSAという健常男性の前立腺から分泌される物質の値を測定するもので、通常であれば血液中にはまず出てこない物質です。


しかし前立腺癌などの疾病によって、このPSA(前立腺特異抗原とも呼ばれます)は、血液中に流れ出てくるという性質を持つので、、前立腺癌の腫瘍マーカーのひとつとして医療分野で活躍しています。


精度的にはなかなか高精度と言われていて前立腺癌が疑われるときに、まず最初に行うべきスクリーニング(ふるいわけ)検査として知られます。


PSA検査は前立腺癌の早期から陽性を示すため、前立腺癌の早期発見とともに病期の推定、治療効果の判定や予後予測にも役立ちますが、前立腺癌以外に前立腺肥大症や前立腺炎でも数値が上昇し、陽性を示します。

PSAの値によってはグレーゾーン(あいまいな値の範囲でガンなのか区別が難しいPSA値)の場合は更なる検査として直腸診、いわゆる肛門から前立腺を触診して調べたり、超音波検査などを行ったりします。


がんの疑いが強い場合には2次検査として前立腺生検という前立腺の組織を直接採取する検査を行うことで正確な診断をすることもあります。

posted by PSA CHECK at 22:29 | PSA検査について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PSA検査の結果が悪かったら


PSA検査の結果が悪かったからと言って、必ずしも「イコールがん」、というわけではないようです。


PSAとは前立腺特異抗原と呼ばれるもので、PSA検査は、人間の身体のなかでも前立腺でしか作られないPSAという物質の増加をチェックします。

前立腺にガンが発生すると、ガン細胞が多くのPSAをつくるので、血液中にPSAが多く流れるようになるという現象を利用しています。


ただし、前立腺肥大症や前立腺炎でもPSAの数値は上昇するので「イコールがん」というわけではありません。


しかし、ガンの疑いがある場合(PSA検査だけではどんな病気かはっきり区別できません、その他の条件、高年齢など色々な条件で判断されると思います)は、PSA血液検査の結果だけではなく、さらに別の検査を行います。

具体的には、直腸診や画像検査(MRl検査、CT検査など)を行うことになるでしょう。


また、病変を採取して調べる「生検」を行い、前立腺がんであるかどうかを確定します。


PSAの値はガンの進行度をはかる目安にもなり得ます。

前立腺ガンの進行に比例してPSAの値は増加傾向を示しますので、PSA値が大きくなればなるほど癌が進行している確立は高まってきます。


posted by PSA CHECK at 21:16 | PSA検査について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

検査の必要性について


前立腺がんを早期発見することができるPSA検査をいつから受ければ良いか?

一つの大きな目安は50歳という年齢です。


前立腺がんの症状の特徴は、初期ではほとんど自覚症状がないことです。

ある程度進行すると、尿が出にくくなったり、排尿の時に痛みが生じたりします。

時には血尿が出たり精液にも血が混じることもあるようです。

前立腺肥大症に似た症状が多く、残尿感、頻尿、下腹部に不快感を感じるといった普段とはあきらかに違う、慢性の症状を感じるようになります。

さらに前立腺がんが進行して骨に転移すると腰痛が発生することあります。

ここまでくるとかなり進んでいるので完治は難しくなってきます。



しかし、前立腺がんは早期発見することで治すことができるがんです。

50歳を越えたらPSA検査を積極的に受けたほうが良いようですね。


初期は自覚症状がないですが、PSA検査を行うことでがんの恐怖から逃れることが出来ます。


前立腺がんは比較的治りやすいがんと言えるでしょう。

PSA血液検査を行うことで、前立腺がんを早期発見すれば、ほぼ治すことができるからです。


PSA検診は、各住民健診、職場の健康診断や個人の人間ドック等で受けることができます。

posted by PSA CHECK at 20:56 | PSA検査について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。