スポンサードリンク




TOP PSA検査について >本当にPSA検査で前立腺癌の診断が可能なのか?

本当にPSA検査で前立腺癌の診断が可能なのか?

PSA検査は、腫瘍マーカー検査であるため、あくまでも目安にする程度にとどめておくのが良いという見方があります。

医師の中にも、腫瘍マーカー検査なんてあてにならないと言い切る医師もいらっしゃいますよ!ビックリしますけど。

ただ、一般的にPSA検査は感度の高い検査とはいえ、診断確率は100%ではありません。

PSA値がグレーゾーン(4〜10ナノグラム/ミリリットル)でも、精密検査(超音波エコーや前立腺生検)で7割近くまで、癌とは診断されないという報告もあるくらいです。

かと言って、全く前立腺がんではないということもないので、やはり目安的に構えるのがイイのではないでしょうか?


ただし、検査値が10ng/mlを超えてしまうと注意が必要かも知れませんね?

PSA検査は50歳を超えたあたりから定期的に行うことで、前立腺がんでの死亡率が20パーセントほど減少させられるという検証結果もありますので、検診時には受けておいたほうが良いようです。

以前に受けたことがあれば、PSA値1以下なら3年ごと、1を超えて4以下なら毎年受けると良いという間隔で、定期的にPSA検査をやっておくのがお勧めです。


また、PSA値は前立腺肥大症などの他の病気でも上昇しますし、自転車に乗るというだけでも数値が上昇するという可能性も秘めています。

PSA値が高かったからと言って、すぐに悲観的になるのは気が早いかもしれません。


逆にPSA値が基準値以下の進行がん(PSA陰性がん)というのもあるので、直腸内触診も大事な検査方法です。

男性がかかるガンの中で、前立腺癌というのは年々上位になってきてますので、50歳を過ぎたら一度は受けておいたほうが良いかもしれません。

近親者にガン患者がいらっしゃる場合だと、40歳から定期健診も視野に入れましょう。

posted by PSA CHECK at 17:35 | PSA検査について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク