スポンサードリンク




TOP PSA検査について >PSA検査をする必要性がある人は誰か

PSA検査をする必要性がある人は誰か


PSA検査(前立腺特異抗原検査)は前立腺癌の早期発見に役立つ検査方法です。

前立腺癌は、数ある生活習慣病の中でも高齢者によく見られる病気という傾向があるガンです。

ガンは誰でもなり得る病気ですが、特に癌の中でも「前立腺がん(ぜんりつせんがん)」は、高齢になってくると起こりやすくなる病気と言えます。


前立腺がんは、進行するまで「自覚症状がほとんどない」ことが特徴です。


前立腺癌での死亡者数は他のガンと比べると多いとは言えないのですが、それでも亡くなった方達に共通して言えることは、もっと早く見つけられていれば・・・、という声です。

前立腺癌は早期発見できれば治る可能性が非常に高いガンということです。

PSA検査は、前立腺に病気があるかどうかを調べる検査で、前立腺がんの早期発見に大きな役割を持っています。


検査結果であるPSA値は、前立腺がんが進行すればするほど高い値を示すという傾向がありますので、検査結果(psa値)によって前立腺がんの進行具合がある程度予測することができそうです。

前立腺の異常は高齢化するほど確立が高くなるのですが、PSA検査は一体何歳から受ける必要性があるのでしょうか。


様々な意見もあるようですが、一般的に前立腺がんの発症リスクが増加するのが50歳位からであることから、PSA検査は50歳頃から考慮すれば十分だといえるでしょう。

posted by PSA CHECK at 20:53 | PSA検査について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク