スポンサードリンク




TOP 前立腺がんの症状 >前立腺ガンの進行は遅い?

前立腺ガンの進行は遅い?


最近の研究結果や統計を見ると、PSA検査の必要性が問われていて、PSA検査をしなくても良いのではないか、という見解もあるようです。

つまり、PSA検査自体の必要性がないのではないかということです。

仮に、PSA検査で前立腺癌を早期発見できたとして治療を行った結果、勃起障害や尿漏れなどの後遺症が残る可能性も否定できないそうです。


数あるガンのなかでも、前立腺癌の進行は非常に遅い部類に入ると言われている。

更に、ガンの中でもおとなしい癌もあり、進行するまで10年以上を有する場合もあるという。

そのため、あえて癌の治療を受けずに放置するという選択肢もあるくらいなのだ。

放置したとしても寿命には影響しないほどの進行速度らしいんですね。

ただし、やはり進行ガンとなれば、骨や他の臓器に転移したり、痛みを伴なったりと他のガンと同様、苦しい闘病生活となる場合もあるようです。

PSA検査をやったほうが良い場合というのもあり、自覚症状がある場合だとか、前立腺がんが強く疑われる場合は受けるべきとされます。

PSA値によっては、より精密な直腸診断(ちょくちょうしんだん)、生検(せいけん、画像検査(がぞうしんだん)などを行う指標となりえます。

他には家族歴があって、若い年齢でも発症が心配だというかたには、40歳くらいからのPSA検査を開始することがおすすめとされているようです。

posted by PSA CHECK at 20:48 | 前立腺がんの症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク