スポンサードリンク




TOP 基準値について >PSA検査の正常範囲(数値)

PSA検査の正常範囲(数値)


年齢も50歳を超えたから、健康診断のついでにPSA検査を受けた、と言う方には健康診断の結果と共にPSA値の正常範囲の説明書きも同時に送付されてくると思います。


一般に、PSA血液検査でのPSA値の正常値は、4ng/ml(ナノグラム・パー・ミリリットル)未満とされています。


PSAは、前立腺に異常がなければ普段血中にはほとんど流出しません。

前立腺の異常とは、前立腺がんに限らず、前立腺炎や、前立腺肥大症でもPSA値は上昇(異常値判定)します。

他にも、長時間の自転車ごぎ(病院まで長い距離を自転車で通院するなど)で前立腺が刺激を受けて、PSA値が上昇する場合もあるのです。

このほか、マッサージや性交渉などでも前立腺が刺激をうけるのでpsa値は上昇します。


PSA値が4ng/ml〜10ng/mLのグレーゾーン(微妙な数値)の場合は、時間をおいて再検査を行い、それでも異常値(高値とも言います)を示す場合は、直腸診といって、直接腸に指をいれて、触診をおこなったり、MRIやCT画像による解析をしたり、前立腺に針を刺し、直接生体組織を採取して検査する生検という検査を行うことになります。


PSA値が高値だからといって、必ずしも癌というわけではありませんが、ガンと確定診断が出来るまでには時間がかかるので、精神的に良くないですね。

posted by PSA CHECK at 12:18 | 基準値について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク