スポンサードリンク




TOP 費用料金と方法 >PSA検査は泌尿器科でなくても出来る

PSA検査は泌尿器科でなくても出来る


前立腺がんといえば、泌尿器科という連想が浮かぶと思いますが、前立腺がんの腫瘍マーカーである、PSA検査はどこの科でも(どの病院の何科でも)採血可能ならば実施可能なのはご存知でしょうか?


PSA検査は少量の血液から前立腺の異常を判定するのですが、採血場所=検査実施機関ということは稀で、通常は外部委託として別の機関で判定作業を行っています。


そのため、健康診断や住民検診、かかりつけの病院で風邪や怪我の治療ついでにといった具合に採血のタイミングがあれば、頼めばPSA検査を行ってもらえます。

自宅にいながらでも郵送検査という方法で、PSA検査を行うこともできます。

郵送検査にかかる費用は3千円から4千円程度が主流。


このようにPSA検査は、ほぼ外注なので極端に言えば産婦人科でもOKです(実際男の人が産婦人科で診てもらうことは、まず無いでしょうが…)。


ただしPSA検査の結果、異常値(グレーゾーンやそれ以上の高値)の場合は精密検査を受けに泌尿器科を受診することになります。

泌尿器科では、PSA値(分かればF/T比や、グリソンスコアも加味したもの)によって検査方法を決めます。

グレーゾーンの場合は3〜6ヵ月程度の観察期間を置き、期間をあけてPSA検査を再度行います。

通常2次検査の精密検査の内容は直腸診、または画像診断、生検(生体組織検査)を行い、前立腺癌かどうかを確定診断します。


posted by PSA CHECK at 12:08 | 費用料金と方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク