スポンサードリンク




TOP 費用料金と方法 >前立腺がんの検査方法

前立腺がんの検査方法


PSA検査がおすすめです。

PSA検査は、前立腺の異常をかなり正確に感知してくれる検査と言えます。



前立腺がんは、初期の段階では自覚症状がほぼ皆無なため、ガンの進行に気付かずに手遅れになる場合もあるようです。

ただし、前立腺がんというのは非常に癌の進行が遅く、ゆっくり育つガンで、他の消化器官のガンとはその点で異なります。


自覚症状が出るのは、ある程度前立腺がんが進行している場合です。

いくらゆっくりと進行の遅いガンといえど、進行ガンとなれば、他の臓器などへの転移の可能性も視野に入れなければならないでしょう。

つまり自覚症状が出てからでは明らかに治療が大変になります。

治療するにしても、再発した後のことまで視野に入れて治療を計画してゆくのです。

前立腺全摘出を中心として、その他の治療(ホルモン療法や放射線治療など)を組み合わせることで、現在では比較的多くの方が10年以上癌を抑制することが可能となっています。


前立腺がんは50歳以上では約3割程度、80歳以上では6〜8割の方に前立腺がんが見つかるといいます。


一般的にはPSA検査を受け始めるのに丁度良い年齢というのが、ガン発症の確立が著しく増加し始める50歳と言われます。



PSA検査では、初期のステージでもしっかり検査結果に出てきます。

初期癌であれば、前立腺がんは治せるガンですので、しっかりとPSA検査を受けて早期発見を目指しましょう。


posted by PSA CHECK at 12:10 | 費用料金と方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク