スポンサードリンク




TOP PSA検査について >前立腺がんのPSA検査とは?

前立腺がんのPSA検査とは?

PSA検査は前立腺がんかどうかを診断する最初の基準(スクリーニング)として非常に有効な検査方法です。

検査方法は血液検査だけで出来るので、一般の集団検診でもオプションとして申し込むということも可能です。


PSAとは健常男性の前立腺から分泌される物質で、精子の保護膜成分のたんぱく質を分解して開放する役目があります。
通常PSAは血液中に流れ出てくることはありませんが、なんらかのかたちで前立腺が疾病(障害)を起こすことによって血液中に浸出してくることで、PSA検査でPSA値が測定できるようになります。


PSA検査での結果、PSA値が高ければ高いほど前立腺がんの確立も比例して上がっていきます。

年齢などにもよるのですが一般的には、約4.0ng/mL未満が安全値と言えるでしょう。


4.0ng/mlを超えた程度から癌疑いが増していくことになります。


4ng/ml以下は、陰性扱いとなって、その後は健康診断時などで定期的にPSA検査をして経過観察となります。


4.1ng/ml〜10ng/mlでは、グレーゾーンと呼ばれ、正常値より少し高めの値で、癌の疑いも否定できませんが、ガンの人と前立腺肥大症の人など、前立腺の他の病気の人が含まれている可能性もあります。

10.1ng/ml以上では、かなりの確立で前立腺癌であることが疑われます。
検査結果の数値は高い場合、数百ng/mlという数値が出ることもあります。


posted by PSA CHECK at 21:40 | PSA検査について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。