スポンサードリンク




TOP 基準値について >PSA検査だけでは分からない

PSA検査だけでは分からない


PSA検査は、前立腺に病気(障害など)があるかどうかを調べる検査です。

PSA検査は、前立腺がんの早期発見にかかせない検査です。

PSA検査で測定されるPSA(前立腺特異抗原)値は、前立腺がんが進行すればするほど高くなるという傾向があるので、PSA値が多いか少ないかによって、ある程度ですが前立腺がんの進行度合い推測することが可能です。



PSAというのは、体内では前立腺だけでしか作られませんので、女性には無縁です。


前立腺にがんが発生すると、癌細胞が多くののPSAをつくるので、血液の中にもPSAが流れ出るようになってくるのです。

しかし、前立腺肥大症(ぜんりつせんひだいしょう)や前立腺炎(ぜんりつせんえん)という、ガン以外の病気(前立腺の障害)でもPSAの数値は上昇します。


つまりPSA検査の結果だけでは何の病気なのかまでかは、はっきりとわからないことを忘れないように。

PSA検査で、検査結果が基準値を超えた場合は、ガンか別の原因かを特定すための別の検査を行うことになります。

また、前立腺に病気がなくても、加齢などによりPSA値が上昇することもあるそうです。

前立腺の病気でもそれが何なのかを確定するには、別の検査をしなければ分かりません。


そして、たとえ前立腺がんでも10〜15%の確率でPSA値が異常値を示さない場合もあるといいます。


PSA検査で前立腺がんの疑いがある場合は、直腸診(腸の内壁から指で直接触診をします)や画像検査(MRI検査、CT検査など)を行います。

それでもあいまいな場合、病変を採取して調べる生検(せいけん)を行いガンかどうかを確定診断します。


posted by PSA CHECK at 21:16 | 基準値について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク