スポンサードリンク




TOP 基準値について >生存率はあくまで目安にすぎない?

生存率はあくまで目安にすぎない?

PSA検査で基準値を超えたPSA値が検出されて、精密検査を受けたら前立腺癌だった場合、初期癌であれば完治の可能性は高いです。

初期の前立腺癌の場合は、90%ほどの確立で治るといわれています。

いわゆるステージAという病期の段階です


5年生存率はガンがどの部位にまで広がっているか(進行しているか)で変わってくるようです。

 前立腺内に限局している場合 70〜90%

 前立腺周囲に拡がっている場合 50〜70%

 リンパ節転移がある場合 30〜50%

 骨や肺などに遠隔転移がある場合 20〜30%

というふうに進行度別に5年後の生存率は変わってきます。



ただし、あくまでもこれは今までの(過去の)データをもとに計算されているもので、絶対ではありません。

数値は参考程度に考え、あまり過信しないように(どちらの場合でも)しておきましょう。



実際の状況では、ほかの色々な要素に予後は左右されてきます。

例えを挙げると年齢、持病の有無、治療方法とその質などです。

高齢になれば、当然ですが体力も落ちてしまいがちですから、予後は悪くなると想定されます。

持病がある場合も同様のことが言えます。

治療方法が不適切(通常はあまりないように思えますが・・・)であったり、質が低い場合とそうでない十分な治療を受けた場合でも結果は違うようです。



何にせよ、前立腺癌は進行はあまり早くないので、毎年定期定期にPSA検査を受けるなどしておけば、早期で発見できて、治すことができるので50歳を超えたら積極的にPSA検査を受けると安心ではないでしょうか?


posted by PSA CHECK at 14:47 | 基準値について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。