スポンサードリンク




TOP 基準値について >前立腺癌は転移が早い?

前立腺癌は転移が早い?



PSA検査の結果が悪く、早く精密検査を受けたいのに、十分な説明もなく、ずいぶん先の日程で病院の検査予約を入れられてしまう。


よくある病院の対応です。

1ヶ月も2ヶ月も待たされている間にガンが大きくならないか?とか、その間に手遅れになってしまうんじゃない?とか色々考えてしまい夜もよく寝られない状態が・・・。



一概には言えませんが、前立腺がんは多くの場合発生してから最初の10〜20年は成長が遅いのが特徴です


それまで毎年定期的にPSA検査を受けていたのであれば、今回初めてPSA値が異常値を示したとしても、それは一刻を争う緊急事態ではないと考えられます。

とは言ったものの、病院側からすると他人事(言い方が悪いかもしれませんが、患者側からするとそう思えてしまうのです)なので、対応してくれる医療機関を自分で探すのも手ですね。

もし今まで、PSA検査を受けたことがなく、いきなりPSA値が異常値と言われれば焦りますよね?


前立腺がんは比較的進行が遅く、おとなしいガンとされているのですが、進行すると周囲の骨盤や脊椎に転移しやすくなるという特徴もあります。


ちなみに、PSA検査の検査結果で、PSA値が4〜10ng/mlはグレーゾーンといい、癌かもしれないけど、違うかも知れないし、たまたまPSA値が上昇していただけかもしれないという段階です。

その場合でも癌の確立もまだそんなに高くないので、進行がんとは考えにくいのではないでしょうか?

posted by PSA CHECK at 20:31 | 基準値について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。