スポンサードリンク




TOP 前立腺がんの症状 >前立腺がん増加の原因と理由

前立腺がん増加の原因と理由



前立腺がんに限らず、様々なガンの患者数が増加の一途をたどっていることは誰もが知っていますね。

特に、日本で急激に前立腺がん患者数が増加しています。


原因の一つに、食生活の欧米化が挙げられます。

日本人の食生活が欧米化したことで、食事の内容が高たんぱく、高脂肪化しています。

これが様々な病気(生活習慣病)の引き金になっていると言われることがあります。

前立腺がんに限らず、前立腺肥大症も食生活の変化が大きな原因と言われています。

以前は欧米(アメリカなど)での患者数が多かったのですが、近年では日本でも全体のガンに占める割合は増えています。



また、日本人の平均寿命が延びたことで、加齢という前立腺がん発症のリスク増加(高齢化に伴なう男性ホルモンの影響が病気発症にかかわる)ということも理由のひとつです。

前立腺がん患者の約9割以上は60歳以上ということで、PSA検査などでの前立腺がん発見も50歳を超えてからがほとんどを占めます。


個人的に、最大の理由と思われるのがPSA検査などの検査技術の向上で、前立腺がんが発見しやすくなったことではないでしょうか?

前立腺がんは自覚症状もほとんどなく、進行も遅いので自分がガンになっていることすら知らずにいたことも以前では多かったと聞きます。

PSA検査は、ごく少量の血液から簡単に前立腺異常時に血液中に流れ出るPSA(前立腺特異抗原)の値を測定できますので、人間ドックや、採血の”ついで”的に検査、発見ということも今では当たり前になっています。


ただ、前立腺がんは発見が早ければ完治の可能性も高い癌ですから、心配ならば、年に1回程度の割合でPSA検査を受けておけば安心です。

posted by PSA CHECK at 16:03 | 前立腺がんの症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。