スポンサードリンク




TOP 前立腺がんの症状 >前立腺がんが見つかったら

前立腺がんが見つかったら


前立腺癌の局所に対する治療(手術療法や放射線療法、抗がん剤投与など)は、手術や放射線のいずれも生存率(治癒率)はほぼ同じとされているようです。

ただし、手術すると勃起にかかわる神経(神経血管束)を傷つけることがあり、十分に気を付けてこの神経を残した場合でも3〜4割しか勃起しなくなるとか…。

ほかに最近では小線源療法(ブラキセラピー)といって、粒状の放射性の物体を埋め込む治療が主流になりつつあり、全摘出手術や外照射療法よりも患者の身体の負担が軽い。


しかも、手術と同等の効果が期待できる。


以上の局所療法に対して、全身療法というものもある。

全身療法は、進行前立腺がん(ステージ3とステージ4の状態をいう)に対し、栄養になる男性ホルモン(テストステロン)が精巣から出なくなるようにする注射を3ヶ月に1度行う(脳下垂体に作用する)と同時に、副腎から出されるアンドロゲンを抑える薬を服用する。

理論的には全身ホルモン療法だけで癌は治るはずなのだが、癌細胞は実に32通りの方法で変化して生き延びようとする。

更に癌組織の中の0.5%の細胞はこの治療に反応せず、増殖してしまうそうだが、治療効果は最初の1年間は劇的な変化が期待できるそうです。

posted by PSA CHECK at 20:45 | 前立腺がんの症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。