スポンサードリンク




TOP 費用料金と方法 >PSA検査の方法とやり方

PSA検査の方法とやり方


前立腺がんは、初期の段階では自覚症状も乏しく身体の不調というものがないので、手遅れになりやすいガンともいえます。


そのため、前立腺がんを超早期に発見できるPSA検査というものを受けることがベストなのです。

しかし、前立腺がんを発症するのは50歳以降で、患者のほとんどは60歳代からという事実もあり、若いうちは無頓着、しかも自分だけは…、更になんか面倒そう・・・、という思い込みで受けない人も多いと聞きます。


しかし前立腺癌というのは、早期発見であれば治るガンなので、手遅れにならないうちに早期発見できるPSA検査はおすすめです。

やりかたは、市町村の集団検診や、勤め先の健康診断などありますし、40歳の節目と呼ばれる年齢を境にしてPSA検査が健康診断時にオプションで選択できるようになっている場合もあります。

何も無くても、安心のためと頼めばもちろん普通にPSA検査を行ってもらえます。


厚生労働省によれば、全国の自治体の約6割にあたる1000市区町村以上の住民検診でPSA検査を実施しているようです。

その場合の自己負担は500円〜2000円程度が多く、70歳以上は無料といううらやましい自治体もあるそうです。

一般の検診よりも安い印象を受けますね。


逆に尿の出が悪いなどの自覚症状があってガン疑いとして病院で検査を受ける場合の費用は3割負担で400円台ということなので費用的にはさほど高額ではない検査ですね。

posted by PSA CHECK at 20:36 | 費用料金と方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。