スポンサードリンク




TOP 前立腺がんの症状 >前立腺ガンの治療方法

前立腺ガンの治療方法


もし、前立腺がんになってしまったら・・・。


PSA検査などで早期発見の場合であれば、完治の可能性が高確立なガンが前立腺がんです。


そして、治療法もたくさんあって、幅広い治療が可能なのです。

前立腺がんには大きく分けて4つの治療法があります。


まずは早期に発見された場合、”手術”か、”放射線療法”のどちらかの治療法を用いられる場合が多くなるようです。

手術療法とは、がんに侵された前立腺を物理的に取り除く治療法です。

放射線療法とは、外部から放射線を照射して、がんを叩く(放射線が持つ電離作用を悪性腫瘍を制御する)治療法と、放射線を出す金属(ヨウ素125)を前立腺のがんのある部分に埋め込んでがんをやっつける「小線源療法」と呼ばれる治療法があります。

小線源療法は手術に近いものですが、通常の全摘出手術とは違い患者の身体の負担が大きく違います。


がんが進行してから発見された場合、”ホルモン療法”か、”抗がん剤治療法”という治療法が選択されます。

ホルモン療法とは、前立腺がんの細胞は男性ホルモンの影響を受けて増殖する特性を逆手にとり、男性ホルモンを完全に断ち、がんの増殖を抑える治療法です。

抗がん剤療法とは、一般的な抗ガン作用のある薬を投与する抗がん剤治療の方法で、最近では「ドセタキセル」という、しびれなどの副作用も少なく、臨床効果も高いという抗がん剤が新たに保険適用となりました。


いずれにしても治る癌なので、50歳を過ぎたらPSA検査を定期的に受けて、早期発見するのが得策だと思います。


posted by PSA CHECK at 09:57 | 前立腺がんの症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。