スポンサードリンク




TOP PSA検査について >PSA検査で前立腺がんを発見する

PSA検査で前立腺がんを発見する

男性特有の病気である、前立腺癌を早期発見するための検査をPSA検査と言います。


非常に簡単な検査であるため、50歳以上になればPSA検査を受けることをおすすめします。


PSAとは前立腺特異抗原という前立腺にのみ存在する糖蛋白のことを言います。


PSAは健常な男性の血中にも微量存在します。



PSAの量を検査することで、前立腺ガンを診断する目安とすることがあります。

PSA血液検査はあくまでも前立腺癌の腫瘍マーカーであるため、検査結果が高値だからと言って必ずしも前立腺がんであるとは限りません。



前立腺癌だけでなく、前立腺炎や前立腺肥大症などの良性疾患でも値は上昇します。

また、尿道操作や前立腺マッサージなど、前立腺に刺激を与えた後にも上昇することがあるのです。


一部のカゼ薬や胃腸薬などには尿を出にくくする副作用をもつ成分が含まれているものがあり、そういった薬によってはPSA値を上昇させることがあるということも覚えておきましょう。



PSA検査の結果が高値(異常値で問題あり)となった場合は、通常数日以上おいて再検査を行います。



再検査でも高値の場合は、前立腺の触診、超音波検査などを行い、がんが疑われる場合は生検にて確定診断を行うといった流れになることが多いようです。


posted by PSA CHECK at 20:55 | PSA検査について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。