スポンサードリンク




本当にPSA検査で前立腺癌の診断が可能なのか?

PSA検査は、腫瘍マーカー検査であるため、あくまでも目安にする程度にとどめておくのが良いという見方があります。

医師の中にも、腫瘍マーカー検査なんてあてにならないと言い切る医師もいらっしゃいますよ!ビックリしますけど。

ただ、一般的にPSA検査は感度の高い検査とはいえ、診断確率は100%ではありません。

PSA値がグレーゾーン(4〜10ナノグラム/ミリリットル)でも、精密検査(超音波エコーや前立腺生検)で7割近くまで、癌とは診断されないという報告もあるくらいです。

かと言って、全く前立腺がんではないということもないので、やはり目安的に構えるのがイイのではないでしょうか?


ただし、検査値が10ng/mlを超えてしまうと注意が必要かも知れませんね?

PSA検査は50歳を超えたあたりから定期的に行うことで、前立腺がんでの死亡率が20パーセントほど減少させられるという検証結果もありますので、検診時には受けておいたほうが良いようです。

以前に受けたことがあれば、PSA値1以下なら3年ごと、1を超えて4以下なら毎年受けると良いという間隔で、定期的にPSA検査をやっておくのがお勧めです。


また、PSA値は前立腺肥大症などの他の病気でも上昇しますし、自転車に乗るというだけでも数値が上昇するという可能性も秘めています。

PSA値が高かったからと言って、すぐに悲観的になるのは気が早いかもしれません。


逆にPSA値が基準値以下の進行がん(PSA陰性がん)というのもあるので、直腸内触診も大事な検査方法です。

男性がかかるガンの中で、前立腺癌というのは年々上位になってきてますので、50歳を過ぎたら一度は受けておいたほうが良いかもしれません。

近親者にガン患者がいらっしゃる場合だと、40歳から定期健診も視野に入れましょう。

posted by PSA CHECK at 17:35 | PSA検査について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PSA検査をする必要性がある人は誰か


PSA検査(前立腺特異抗原検査)は前立腺癌の早期発見に役立つ検査方法です。

前立腺癌は、数ある生活習慣病の中でも高齢者によく見られる病気という傾向があるガンです。

ガンは誰でもなり得る病気ですが、特に癌の中でも「前立腺がん(ぜんりつせんがん)」は、高齢になってくると起こりやすくなる病気と言えます。


前立腺がんは、進行するまで「自覚症状がほとんどない」ことが特徴です。


前立腺癌での死亡者数は他のガンと比べると多いとは言えないのですが、それでも亡くなった方達に共通して言えることは、もっと早く見つけられていれば・・・、という声です。

前立腺癌は早期発見できれば治る可能性が非常に高いガンということです。

PSA検査は、前立腺に病気があるかどうかを調べる検査で、前立腺がんの早期発見に大きな役割を持っています。


検査結果であるPSA値は、前立腺がんが進行すればするほど高い値を示すという傾向がありますので、検査結果(psa値)によって前立腺がんの進行具合がある程度予測することができそうです。

前立腺の異常は高齢化するほど確立が高くなるのですが、PSA検査は一体何歳から受ける必要性があるのでしょうか。


様々な意見もあるようですが、一般的に前立腺がんの発症リスクが増加するのが50歳位からであることから、PSA検査は50歳頃から考慮すれば十分だといえるでしょう。

posted by PSA CHECK at 20:53 | PSA検査について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前立腺ガンの進行は遅い?


最近の研究結果や統計を見ると、PSA検査の必要性が問われていて、PSA検査をしなくても良いのではないか、という見解もあるようです。

つまり、PSA検査自体の必要性がないのではないかということです。

仮に、PSA検査で前立腺癌を早期発見できたとして治療を行った結果、勃起障害や尿漏れなどの後遺症が残る可能性も否定できないそうです。


数あるガンのなかでも、前立腺癌の進行は非常に遅い部類に入ると言われている。

更に、ガンの中でもおとなしい癌もあり、進行するまで10年以上を有する場合もあるという。

そのため、あえて癌の治療を受けずに放置するという選択肢もあるくらいなのだ。

放置したとしても寿命には影響しないほどの進行速度らしいんですね。

ただし、やはり進行ガンとなれば、骨や他の臓器に転移したり、痛みを伴なったりと他のガンと同様、苦しい闘病生活となる場合もあるようです。

PSA検査をやったほうが良い場合というのもあり、自覚症状がある場合だとか、前立腺がんが強く疑われる場合は受けるべきとされます。

PSA値によっては、より精密な直腸診断(ちょくちょうしんだん)、生検(せいけん、画像検査(がぞうしんだん)などを行う指標となりえます。

他には家族歴があって、若い年齢でも発症が心配だというかたには、40歳くらいからのPSA検査を開始することがおすすめとされているようです。

posted by PSA CHECK at 20:48 | 前立腺がんの症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PSA検査の申込の方法


PSA検査は簡単に受けることが出来ます。

前立腺がんの腫瘍マーカーですので、少し精密検査的な印象もあり、面倒な検査のような印象をお持ちの方も少なくないのではないでしょうか?


PSA検査は少量の血液さえ採血するだけで検査できるので、自宅に居ながら申込みから検査結果の受け取りまで完結できてしまう、PSA郵送検査という方法もあります。


ただし、治療後の再発検査などでない場合は、PSA検査を単独で受けるという状況は医療機関では、ほとんどないようです。

なぜなら、実際は体調の不調などで外来で病院を訪れるので、様々な検査をします。

血液検査も当然行いますが、PSA検査も他の血液検査と一緒にまとめて行うのが普通です。

でも、頼みこめばPSA検査だけでもやってくれるようですが・・・。

PSA検査で異常を特定できる個所は前立腺だけなので、通常は他の検査も同時に行うようです。


更に、PSA検査をしてもらえる病院は何科でもよく、必ずしも泌尿器科である必要もありません。

内科、小児科、外科、整形外科、耳鼻咽喉科、皮膚科、極端なことを言えば産婦人科でも採血さえ出来る医療機関であればいいのです。

自分のところで検査結果を出せる医療機関は少なく、通常は外注として検査機関へ依頼するからです。

風邪をひいたついでに、日頃から気になっているPSA検査も一緒に、ということも可能という訳ですね。

posted by PSA CHECK at 12:44 | 費用料金と方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PSA検査にかかる料金


PSA検査にかかる費用は状況によって本当に様々です。

下は0円(無料)からですし、上は保険適用がない場合で5千円を超えるという高額料金です。

健康診断、いわゆる検診のときに追加のオプションとして一緒にpsa検査してもらう方法が、手間もかからず、手続きも面倒くさくないと思います。

一般企業などで、会社単位の集団検診として年1回の健康診断が義務付けられていますが、そのとき採血しますよね?

そのときに一緒にPSA検査ができます。

必要な血液量もわずかですので、あらためて多くの血液を採る必要性もありません。

医療機関や検診場所によっても微妙に差があるようですが、PSA検査の一番多い料金設定が大体¥2,000円〜3,000円程度と思っておくと間違いない感じです。

もちろん、それよりも高い場合もありますし、安い場合もあります。


待てないし、忙しい方は郵送でのPSA検査がお勧めです。

PSAの郵送検査は通常よりも相場が少し高い、4,000円程度が一般的なようです。

採血方法も簡単で、専用の器具が同梱されていて誰でも出来ます。


とにかく自分の住んでいる市町村のPSA検査料金を問い合わせるのが一番確実です。


数千円程度と高額ではないので、気軽にPSA検査を申し込めますね?

前立腺ガンは症状が出てからでは遅いと言われますので、PSA検査で早期発見に努めるのが得策です。


ちなみに自分が受けている健康診断の施設での健康診断時オプションでの、PSA検査費用は追加料金が¥1,785円です、意外と安いかも。

posted by PSA CHECK at 17:41 | 費用料金と方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初期症状と思い込みやすい症状

前立腺がんというのは本当に初期の段階では、自覚症状を感じられる人は、ほぼいないといっても良いそうです。

しかし、この段階でもPSA検査であれば前立腺の異常は発見できます。

PSA検査では、自覚症状がなくても初期診断(スクリーニング)を行えるので、異常値の場合は、全く予期せずに癌の宣告を受ける気分になるかもしれません。


しかし、前立腺がんはこういった状態のうちに発見できれば治せる確率が非常に高いです。


前立腺がんの自覚症状というのは、

 残尿感がある

 トイレが近い(特に夜間の頻尿)

 尿のキレが悪い

 尿が出にくい

 排尿時に痛みがある

 血尿

 尿閉(尿が出なくなる)

などが主な症状ですが、これは加齢に伴なう症状や、前立腺肥大症に酷似していて、ついつい見逃されてしまいがちな症状です。


自覚症状として体調がおかしい、と感じる段階は既に初期ステージを過ぎてしまっている可能性が高いんです。

前立腺がんでは多くの場合、前立腺の皮膜に近い辺縁領域と呼ばれる部位、すなわち尿道や膀胱から離れた場所に発生します。

そのためガンが進行してある程度腫瘍が大きくならないと、尿道や膀胱を圧迫しにくいので、前立腺肥大症のように、すぐに排尿障害が起こることもすくないのです。


ちなみに前立腺肥大症からガンに発展することはないと考えられていて、疾患部位も中心領域、移行領域から発生します。


前立腺肥大症と前立腺がんは、症状は似ていますが生命の危険性は天と地ほどの差があります。

進行ガンにならないうちに年一回の定期的なPSA検査で早期発見することが最もおすすめの手段ではないでしょうか?

posted by PSA CHECK at 15:51 | 前立腺がんの症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

検査数値の意味(重要度)について


PSA検査と言えば、前立腺癌の腫瘍マーカーです。

PSA検査は前立腺がんのスクリーニングとしては非常に効果的な検査です。

PSA検査の検査結果の単位は「ng/mL」(ナノグラム・パー・ミリリットル)という微細な単位ですが、PSA値はとても正確に反映されます。


ところで、本当に陽性のものを絞り込むための第一段階の検査をスクリーニング検査といいますが、スクリーニング検査は鋭敏、かつ誤りがないことが理想なのですが、実際は両方を兼ね備えた検査法は少ないのが実情です。

鋭敏さを追求すると誤り(陽性ではないのに、陽性判定の偽陽性)が結果に混じります。

間違いないものだけを見つける方向性にすると、見逃し(本当は陽性なのに、陰性判定の偽陰性)が入ってきます。


スクリーニング検査は、あくまでも見逃しができるだけないように、という所で納得(妥協)するしかないでしょう。

陽性の場合(判定保留のときも含む)、必ず第二段階の精密検査(確認検査)を実施する必要があるのです。

その点においてはPSA検査も同様のことが言え、PSAという物質の性質上、前立腺がんではなくてもPSA値は上昇するパターンも少なくありません。

PSA検査結果を含む、腫瘍マーカーが医療関係者(医師)達の間では単なる目安でしかなく、あまり重要視されていないことを時々患者が耳にするとおかしく思うのも、これらのことをふまえると納得しませんか?

posted by PSA CHECK at 19:59 | PSA検査について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前立腺がんの危険因子


初期段階では自覚症状が無い前立腺がんは、PSA検査で早期発見して、治すことが肝心です。

年1回の検査(健康診断のオプションなどで一緒に手間無くできます)でOKですので、50歳を超えたら視野に入れておいたほうが賢明です。


前立腺がんの発癌危険因子として挙げられているのが、現代食です。

現代人の食事の傾向として、高カロリー、高たんぱく、高脂肪がありますね?

肥満傾向も前立腺がんの危険因子として考えられています。

ただ、他のガンとは違い、喫煙や飲酒との関係は明らかになっていません。

特に脂肪の多量摂取については食事の欧米化が関係していると推測されます。

肥満との関係については特にBMI(body mass index の頭文字で、体重(kg)/(身長(m)の二乗)で割り出されます)と前立腺癌リスクとの関係が多く報告されていて、無関係とは言えないほどです。

ほかには活発な性活動も前立腺がんのリスクを高める危険因子といわれています。

更には、遺伝も危険因子の一つとして注目されていて、家族に前立腺がんの病歴がある場合、父親よりも兄弟の場合のほうが発ガンリスクは上昇します。


家族歴があるときにはPSA検査の実施開始年齢を引き下げて、40歳を基準(通常は50歳以上)で考えたほうが良いようです。



その一方で、前立腺がんのリスクを下げる要因として、まず食品。

なかでもトマトなどに含まれるリコピン(lycopene)や豆類(特に大豆食品)に含まれるイソフラボン(isoflavone)についての報告が幾つか見られます。

そのほかは特にコレといった原因も分かっていないので、他の癌と同様に、ガンになりにくいとされる生活習慣を真似するしかないようです。

加えて定期的なPSA検査で早期発見出来れば治せるガンなので、PSA検査は欠かせませんね。


posted by PSA CHECK at 22:47 | 前立腺がんの症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PSA検査の正常範囲(数値)


年齢も50歳を超えたから、健康診断のついでにPSA検査を受けた、と言う方には健康診断の結果と共にPSA値の正常範囲の説明書きも同時に送付されてくると思います。


一般に、PSA血液検査でのPSA値の正常値は、4ng/ml(ナノグラム・パー・ミリリットル)未満とされています。


PSAは、前立腺に異常がなければ普段血中にはほとんど流出しません。

前立腺の異常とは、前立腺がんに限らず、前立腺炎や、前立腺肥大症でもPSA値は上昇(異常値判定)します。

他にも、長時間の自転車ごぎ(病院まで長い距離を自転車で通院するなど)で前立腺が刺激を受けて、PSA値が上昇する場合もあるのです。

このほか、マッサージや性交渉などでも前立腺が刺激をうけるのでpsa値は上昇します。


PSA値が4ng/ml〜10ng/mLのグレーゾーン(微妙な数値)の場合は、時間をおいて再検査を行い、それでも異常値(高値とも言います)を示す場合は、直腸診といって、直接腸に指をいれて、触診をおこなったり、MRIやCT画像による解析をしたり、前立腺に針を刺し、直接生体組織を採取して検査する生検という検査を行うことになります。


PSA値が高値だからといって、必ずしも癌というわけではありませんが、ガンと確定診断が出来るまでには時間がかかるので、精神的に良くないですね。

posted by PSA CHECK at 12:18 | 基準値について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PSA検査費用はピンキリ


PSA検査の費用はやり方や目的などによって随分と差があるように思います。


PSA検査は通常前立腺がんの早期発見のために定期的に行います。

PSA郵送検査は、自宅で簡単に検査できますが、料金は4,000円前後が相場でしょう。


前立腺がんの場合、初期段階のステージでは自覚症状はありません。

なので、通常は健康診断時のオプションなどでの検査実施ということで、保険適用外です。

それでも、あまり高額な検査ではないので高くても5,000円でおつりがきます。

医療機関で行うと、初診料や検査費用などが加算され、5,000円を超える場合もあるかも知れません。


しかし、自覚症状があるなどで癌疑いなどでの検査となれば保険適用で3割負担などになり、かなり経費は抑えられます。

ただし、ある一定の年齢を超えているなどの条件をクリアしていれば、無料でPSA検査を受けられる自治体もあるということなのです。


PSA検査で前立腺がんの死亡率を下げると言う目的のため、無料という制度も存在するようですが、PSA検査の普及と死亡率の関連性は今のところはっきりしないのが実情のようです。


けれども、前立腺癌は早期段階で発見できれば、ほぼ完治できるガンなので、PSA検査自体は無意味ではありません。


検査費用が無料というのは稀な例ですが、数百円程度でPSA検査が出来る場合も少なくないようです。

一度、ご自分の住んでいる地域の制度を確認してみたほうが良いかもしれません。


posted by PSA CHECK at 12:13 | 費用料金と方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク